[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥をまた挑発 帰国のカシメロが豪語「俺を強打するのは不可能。眠らせてやる」

ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が、地元メディアを通じて4月に対戦予定だったWBAスーパー&IBF同級王者の井上尚弥(大橋)をまたも挑発しているようだ。9月に米国で行われた防衛戦でV3を達成。帰国後、「俺は彼(井上)を打ち、眠らせてやる」などと豪語したと地元紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」が報じている。

フィリピンに帰国したジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
フィリピンに帰国したジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

長期滞在した米国から帰国、地元メディアを通じて井上を挑発

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が、地元メディアを通じて4月に対戦予定だったWBAスーパー&IBF同級王者の井上尚弥(大橋)をまたも挑発しているようだ。9月に米国で行われた防衛戦でV3を達成。帰国後、「俺は彼(井上)を打ち、眠らせてやる」などと豪語したと地元紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 カシメロは9月26日(日本時間27日)、米コネチカット州で行われた防衛戦で、同級11位だったデューク・ミカー(ガーナ)に3回TKO勝ち。長きにわたる米滞在を終え、13日に帰国した。同メディアは「9か月の遠征を果たしたカシメロは先週の火曜日、兄弟のジェイソン氏とロサンゼルスからマニラに到着した」と伝えている。

 カシメロは、4月に米ラスベガスで井上との3団体統一戦が予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期に。ミカー戦後には「ナオヤ・イノウエは俺に怖気づいている」などと語っていたが、またも挑発の言葉を並べているようだ。

「俺は日本の亀を呼んだが、彼から反応はなかった。彼は死んでいるのも同然だ。彼は俺を恐れていない、強打すると話していたが、それは不可能だ。唯一言えることは『俺を避けることなんてできない。俺は彼を打ち、眠らせてやる』ということだ」

 このように語ったというカシメロ。記事によると、カシメロは31日(同11月1日)に行われる井上とWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)のタイトルマッチをTV観戦することに興味がないという。

「マロニーは眼中にない。イノウエの試合はドネア戦しか見てない。次戦の相手がイノウエになることを望む。もしダメなら122ポンドに階級を移して、ネリと戦う」と、井上戦が実現しなければスーパーバンタム級に転向しネリをターゲットに定めると話したと伝えられている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集