[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、15歳ザギトワはこんなに強いのか 名コーチが認める天才少女の才能

なぜ、15歳ザギトワはこんなに強いのか 名コーチが認める天才少女の才能

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・フランス杯で優勝を飾ったアリーナ・ザギトワ(ロシア)。ショートプログラム(SP)5位と出遅れながら、フリーで自己ベスト世界歴代2位の151.34点で中国杯に続く逆転Vを果たした。シニア1年目、今やフィギュア界で最も勢いに乗る15歳。天才少女の素質を指導する名コーチ、エテリ・トゥトベリーゼ氏も「この年齢で、あのテクニックを保ち続けるのは至極、困難なこと」と認めている。米スケート専門メディア「icenetwork」が伝えている。

ともに逆転VでGP連勝、恩師が認めた素質「この年齢で、あの技術を保つのは至極困難」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・フランス杯で優勝を飾ったアリーナ・ザギトワ(ロシア)。ショートプログラム(SP)5位と出遅れながら、フリーで自己ベスト世界歴代2位の151.34点で中国杯に続く逆転Vを果たした。シニア1年目、今やフィギュア界で最も勢いに乗る15歳。天才少女の素質を指導する名コーチ、エテリ・トゥトベリーゼ氏も「この年齢で、あのテクニックを保ち続けるのは至極、困難なこと」と認めている。米スケート専門メディア「icenetwork」が伝えている。

 世界に衝撃が駆け巡った。18日(日本時間19日)に行われたフリー。赤いチュチュの衣装をまとってリンクを舞ったザギトワは、いつものように前半はキレのあるステップ、スピンで魅了。そして、3連続を含めジャンプを固めた後半はノーミスで着氷し、完璧に演じ切った。得点は151.34点。女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に次ぐ自己ベスト世界歴代2位を叩き出した。

 転倒などミスが出たSP5位から圧巻の逆転V。記事によれば、ザギトワは優勝後の開口一番に「昨日のショートプログラムには一切、満足していません」とコメント。その上で「うまく滑りたかったけど、頭の中で何かが起きていた。だから、今日のフリーは本当に心機一転、クリーンに演技したかった」と振り返ったという。

 中国杯もSPでミスが出ていたザギトワ。技術は乱れても心は見出さず、まさにイメージ通りの巻き返しで年上のライバルたちを一蹴してしまったから恐れ入る。そんな15歳の非凡な素質について、指導する名コーチも認めている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー