[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんなKO劇見たことない!? 一撃失神の「11秒の衝撃」に海外騒然「獣のようなKO」

こんなKO劇見たことない!? 一撃失神の「11秒の衝撃」に海外騒然「獣のようなKO」

ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチは18日、王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)がシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)にタイトル戦史上最速の11秒でKO勝ち。衝撃の瞬殺を仏メディア「レキップ・チャンネル」が「ゾラニ・テテが迅速なKO勝ち」と動画付きで紹介し、さらに海外メディアも「衝撃的な11秒」「獣のようなKO劇」と騒然。反響が拡大している。

WBOタイトル戦でテテが史上最速の11秒KO勝ち…衝撃は世界に拡大「最初のパンチで失神KO」

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチは18日、王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)がシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)にタイトル戦史上最速の11秒でKO勝ち。衝撃の瞬殺を仏メディア「レキップ・チャンネル」が「ゾラニ・テテが迅速なKO勝ち」と動画付きで紹介し、さらに海外メディアも「衝撃的な11秒」「獣のようなKO劇」と騒然。反響が拡大している。

 まさに瞬殺。目を逸らしていたら、終わってしまう。歴史的KO劇がこの日、イギリスの地で生まれた。

 WBOタイトル戦。1回だった。試合開始のゴングが鳴る。白いパンツにグローブの王者テテは右手で十字を切り、中央に歩み寄った。どんな試合となるのか――。ファンの心も準備もまだできない、開始5秒だった。ゴニャの右ジャブを軽くいなした次の瞬間、一瞬の隙を突き、強烈な右フックを見舞った。

 すると、ゴニャは仰向けに倒れ、焦点を失った目で完全に失神していた。レフェリーが確認に入る。そして、続行不可能と判断し、KO勝ちが下った。時計は残り2分49秒。すなわち開始11秒でKOが成立した瞬間だった。この日、最初のパンチで決着。実況も事態をのみ込めないといった様子で、ひたすら驚きの声を上げ、興奮状態に陥った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー