[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナバレッテが判定で2階級制覇 パワーアップでダウン2度奪取、フェザー級王座獲得

ボクシングのWBO世界フェザー級1位エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が9日(日本時間10日)、米ラスベガスで行われた同級2位ルーベン・ビラ(米国)との同王座決定戦に3-0で判定勝ちした。WBO世界スーパーバンタム級王座に続く2階級制覇を達成。戦績は25歳のナバレッテが32勝(27KO)1敗、23歳のビラが18勝(5KO)1敗となった。

エマヌエル・ナバレッテ【写真:Getty Images】
エマヌエル・ナバレッテ【写真:Getty Images】

ナバレッテがWBO世界フェザー級王座決定戦で勝利

 ボクシングのWBO世界フェザー級1位エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が9日(日本時間10日)、米ラスベガスで行われた同級2位ルーベン・ビラ(米国)との同王座決定戦に3-0で判定勝ちした。WBO世界スーパーバンタム級王座に続く2階級制覇を達成。戦績は25歳のナバレッテが32勝(27KO)1敗、23歳のビラが18勝(5KO)1敗となった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ナバレッテが強さを見せた。スーパーバンタム級時代からややサイズアップした様子の前王者。初回、開始から約2分30秒で左アッパーを当ててダウンを先取した。さらに4回。相手がアッパーを打とうとしたところにカウンターで左フックを当て、2度目のダウンを奪った。しかし、中盤以降は勢いを失って仕留めきれず。相手にさばかれる場面もあったが、最後まで力を振り絞って戦った。

 ナバレッテは2018年12月にWBO世界スーパーバンタム級王座を奪取。今年2月には王座奪取から1年2か月で5度目の防衛に成功した。減量苦もあり、フェザー級転向を見据えて7月に王座返上。今回の本格転向2戦目で世界王座獲得となった。ビラはWBOインターナショナルフェザー級王座を2度防衛後、今回の世界初挑戦でプロ初黒星を喫した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集