[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デシャンボーが規格外イーグル パー4の“381yワンオン”にPGA仰天「パー3のようだ」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのシュライナーズホスピタルforチルドレンオープン第2日が9日(日本時間10日)、米ネバダ州TPCサマリン(7255ヤード、パー71)で行われ、世界ランク6位ブライソン・デシャンボー(米国)が67で回り、通算13アンダーで6位とした。381ヤードの7番パー4で2日連続ワンオンに成功。しかも、イーグルパットも沈めたシーンをPGAツアー公式インスタグラムが公開すると、米ファンから「不公平だ」とコメントが相次いでいる。

またも怪力ぶりを見せつけたブライソン・デシャンボー【写真:AP】
またも怪力ぶりを見せつけたブライソン・デシャンボー【写真:AP】

381yのパー4で2日連続ワンオン成功でイーグル

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのシュライナーズホスピタルforチルドレンオープン第2日が9日(日本時間10日)、米ネバダ州TPCサマリン(7255ヤード、パー71)で行われ、世界ランク6位ブライソン・デシャンボー(米国)が67で回り、通算13アンダーで6位とした。381ヤードの7番パー4で2日連続ワンオンに成功。しかも、イーグルパットも沈めたシーンをPGAツアー公式インスタグラムが公開すると、米ファンから「不公平だ」とコメントが相次いでいる。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 デシャンボーにとっては381ヤードのパー3だ。怪力ぶりを見せつけたのは、左ドッグレッグの7番第1打。鋼の肉体を駆使してドライバーを振り抜くと、打球は勢いよく青空へと飛んでいった。左の林を難なく越えてグリーンに着弾。飛距離は372ヤードを計測し、奥に切られたピン左を通り過ぎて残り7.3メートルにつけた。パットは繊細なタッチでスライスラインを読み切ってイーグル。パー4をショートホールかのようにプレーした。

 決して長いホールではないが、飛距離と正確性がないとできない規格外のプレー。動画を公開したPGAツアーは文面に「これは382ヤードのパー4です。デシャンボーには誰も伝えていない」「パー4をパー3のように見せる」などと投稿。米ファンからは「とんでもないな」「不公平だ」「クレイジーだ」「すげぇ」「ワオ」「異常だ」「たまげた」と驚いた様子のコメントが相次いでいる。

 デシャンボーは圧倒的な飛距離を武器に9月の全米オープンでメジャー初制覇を果たした。この日は首位から1打差の6位に後退したが、優勝を狙える位置につけている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集