[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦で「夢が現実に」 マロニーが決意「17年間を捧げてきた。俺は王者になる」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦するジェイソン・マロニー(オーストラリア)。31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスで行われるタイトルマッチへ向けて、自身のツイッターで「俺は世界王者になる」と意気込みを綴った。

ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

陣営も勝利を予告「オーストラリアを喜ばせるだろう」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦するジェイソン・マロニー(オーストラリア)。31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスで行われるタイトルマッチへ向けて、自身のツイッターで「俺は世界王者になる」と意気込みを綴った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 自身2度目の世界戦へ向けて、すでに開催地のラスベガス入りしているマロニー。バンタム級の盟主・井上に対して下馬評は圧倒的に不利だが、並々ならぬ意欲を示している。

 29歳のマロニーは自身のツイッターで「俺は人生の17年間をボクシングに捧げてきた。10月31日に夢が現実になる。世界統一王者に俺はなる」と綴った。

 マロニーは2014年にプロデビュー。地域タイトルを次々と獲得した後、デビュー17連勝で挑んだIBF同級王者(当時)エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に破れ、プロ初黒星を喫した。再起後は4連勝。再び上昇気流に乗って井上戦に臨む。

 意気込むマロニーを後押しするのは、マネージャーを務めるトニー・トーリ氏だ。「この戦士を誇りに思う。ジェイソン・“メイヘム”・マロニーは、ボクシングで不朽の名声を得るためにすべてを出し尽くし、オーストラリアを喜ばせるだろう」とツイートし、マロニーの勝利を予告している。

 米専門誌「ザ・リング」の団体を問わないバンタム級ランキングで7位につけるマロニー。井上自身「カシメロより穴がない」と警戒していたが、間違いなく侮れない相手だ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集