[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナダルが深夜1時越え&寒さに苦言 4強入りも「この天候下は身体にとって危険だ」

男子テニスの世界ランク2位ラファエル・ナダル(スペイン)は現地時間6日、4大大会・全仏オープンのシングルス準々決勝で同75位ヤニック・シナー(イタリア)に7-6、6-4、6-1で勝利。4強進出を決めた。試合は深夜1時過ぎに終了。気温の低い中で行われたゲームに対し、ナダルは「テニスをするにはとても寒すぎる」「身体にとって少し危険だと思う」などと苦言を呈したようだ。英メディアが伝えている。

4強入りを決めたラファエル・ナダル【写真:AP】
4強入りを決めたラファエル・ナダル【写真:AP】

4連覇目指すナダルの準々決勝は深夜1時25分に終了

 男子テニスの世界ランク2位ラファエル・ナダル(スペイン)は現地時間6日、4大大会・全仏オープンのシングルス準々決勝で同75位ヤニック・シナー(イタリア)に7-6、6-4、6-1で勝利。4強進出を決めた。試合は深夜1時過ぎに終了。気温の低い中で行われたゲームに対し、ナダルは「テニスをするにはとても寒すぎる」「身体にとって少し危険だと思う」などと苦言を呈したようだ。英メディアが伝えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 19歳の新鋭シナーとの2時間49分のゲームを制したナダル。4連覇に一歩前進したが、試合環境には納得がいかなかった様子。この日の第5試合に組み込まれた一戦は、深夜1時25分に終了。気温は10度近くまで下がっていたようだ。

 英紙「ガーディアン」は、「ラファエル・ナダルが寒さとヤニック・シナーを切り抜け、全仏オープン準決勝進出」との見出しを打ち、ナダルのコメントを紹介している。34歳は「午前1時30分になっていたから、もちろん理想的な終わり方じゃない。でも問題は天候。正直、テニスをするにはとても寒すぎるでしょう?」と話したという。

 今年の全仏オープンは、新型コロナウイルスの影響により開幕が約4か月遅れた。例年とは異なる気候の中、ティエム―シュワルツマン戦が5時間超の熱戦となったことなどにより、ナダルの試合は深夜まで及んだ。

「(他競技では)こういった天候の中プレーするけれど、少し事情は違う。彼らは動き続けている。我々は止まったり動いたりの繰り返し。テニスは止まることの多いスポーツだよね? このような天候下でプレーするのは身体にとって少し危険だと思う」と意見した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集