[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

計8度ダウンの激闘 壮絶な失神KO劇が反響拡大「見なかった自分はなんてバカなんだ」

ボクシングの注目の一戦はダウンの応酬の末に衝撃のKO劇となった。3日(日本時間4日)、米ラスベガスのMGMグランドで行われたWBC世界スーパーライト級挑戦者決定戦。WBC同級2位のホセ・セペダ(米国)が壮絶な打撃戦の末に、元IBF同級王者イバン・バランチェク(ベラルーシ)に5回2分50秒TKO勝ち。米興行大手・トップランク社は実に全8度のダウンシーンのハイライト動画を公開。「まるでロッキー映画」などと海外ファンの興奮を誘っていたが、「再放送すべき」「この試合を見なかった自分はなんてバカなんだ」などと反響は拡大している。

TKO勝ちを収めたホセ・セペダ(右)【写真:Mikey Williams/Top Rank】
TKO勝ちを収めたホセ・セペダ(右)【写真:Mikey Williams/Top Rank】

8度のダウンの応酬の末、セペダが劇的KO…興行主が48秒の動画公開

 ボクシングの注目の一戦はダウンの応酬の末に衝撃のKO劇となった。3日(日本時間4日)、米ラスベガスのMGMグランドで行われたWBC世界スーパーライト級挑戦者決定戦。WBC同級2位のホセ・セペダ(米国)が壮絶な打撃戦の末に、元IBF同級王者イバン・バランチェク(ベラルーシ)に5回2分50秒TKO勝ち。米興行大手・トップランク社は実に全8度のダウンシーンのハイライト動画を公開。「まるでロッキー映画」などと海外ファンの興奮を誘っていたが、「再放送すべき」「この試合を見なかった自分はなんてバカなんだ」などと反響は拡大している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 壮絶な一戦だった。4回まですべてのラウンドでどちらかがダウンを奪う、大激闘が展開された。そして結末は5回だ。残り15秒、バランチェクの左をかいくぐったサウスポーのセペダが右のオーバーハンドから、返しの左フックを直撃させる。仰向けに、エビぞりのような体勢になって倒れるバランチェクは被弾の瞬間に失神。決着がついた。

 1ラウンドに2度ダウンを奪われていたセペダ。5回もこのシーンの直前にダウンしており、まさに起死回生の一撃。大逆転KOとなった。ダウンは両者合わせてなんと8度という、歴史的な激闘だった。

「これを見てください:48秒の狂気 セペダとバランチェクが生み出した最高傑作の中の8回のノックダウンの全て」とつづり、トップランク社は公式ツイッターで全ダウンシーンのハイライトを公開。白熱のダウンの応酬に海外ファンからは「まるでロッキー映画」などとコメントが集まっていたが、反響はさらに拡大している。

「これこそボクシング界が求めているもの」
「スーパーエキサイティングな試合」
「これ全て5ラウンドまでに起きたこと? やばいね」
「映画化できる」
「再放送するべき」
「ゾクゾクする」
「パンチの応酬だ」
「この試合を見なかった自分はなんてバカなんだ」
「これは戦争」

 また、米専門メディア「ボクシングシーン.com」によると、勝ったセペダは「勝てて気分は最高だ。懸命に戦った。ボクシングは難しいスポーツだ。勝つのは簡単じゃない。俺はどれくらいタフなのか分からなかったが、今回の戦いで自分はタフであると分かった。今夜、俺の力を示すことができた。こんな戦いは経験したことがない。素晴らしい経験だった」とコメントしたという。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集