[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ズベレフ発熱申告なし 規定破る無責任さを海外批判「コロナの深刻な懸念を起こした」

男子テニスの世界ランク7位アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は現地時間4日、4大大会・全仏オープンのシングルス4回戦でヤニック・シナー(イタリア)に3-6、3-6、6-4、3-6で敗れた。試合後、ズベレフは3回戦後に38度の高熱に苦しんでいたことを、同大会側に申告しなかったことを告白。大会規定を破る無責任な行動に、海外メディアは「グランドスラムにおける新型コロナウイルスのアウトブレイクの深刻な懸念を起こした」と批判している。

アレクサンダー・ズベレフ【写真:AP】
アレクサンダー・ズベレフ【写真:AP】

発熱を大会側に申告しなかったズベレフを海外メディアが批判

 男子テニスの世界ランク7位アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は現地時間4日、4大大会・全仏オープンのシングルス4回戦でヤニック・シナー(イタリア)に3-6、3-6、6-4、3-6で敗れた。試合後、ズベレフは3回戦後に38度の高熱に苦しんでいたことを、同大会側に申告しなかったことを告白。大会規定を破る無責任な行動に、海外メディアは「グランドスラムにおける新型コロナウイルスのアウトブレイクの深刻な懸念を起こした」と批判している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

「アレクサンダー・ズベレフは新型コロナ禍の全仏オープンで、病気にも関わらずプレー 『オレは完全に病気だ』」との見出しで特集したのは米メディア「ヤフー・スポーツ」だった。記事では、集団内で爆発的に感染症が広がることを意味する「アウトブレイク」の懸念について記載している。

 ズベレフは試合後、呼吸や高熱に苦しみながらコートに立っていたことを告白。記事では「ズベレフは今週序盤にコロナの陰性と診断されていたが、イタリアのヤニック・シナーとの4回戦敗退後のコメントで、グランドスラムにおけるコロナウイルスのアウトブレイクの可能性にとても深刻な懸念を引き起こした」と批判されている。

 9月28日のPCR検査では陰性だったというズベレフだが、今回の強行出場は大会規定に抵触するものだったようだ。記事では「試合前、選手はトーナメントドクターに対して、体調悪化に関する全ての兆候の詳細を共有することが必要とされている。これは日曜日、ズベレフが成さなかったことだ」と指摘している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集