[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初ペア初優勝のセンセーション みうひなに海外も注目「前途有望なパートナー関係」

卓球のワールドツアープラチナ、ドイツオープン(マクデブルグ)は12日に男女シングルス・ダブルスの決勝が行われ、女子ダブルスは平野美宇(エリートアカデミー)、早田ひな(日本生命)が世界卓球ベスト8の台湾ペアをストレートで破り、ペア初のワールドツアー優勝。国際卓球連盟(ITTF)も「前途有望なパートナー関係」と若き2人を称えた。

ドイツオープン決勝、世界卓球ベスト8の台湾ペアに3-0でストレート勝ち

 卓球のワールドツアープラチナ、ドイツオープン(マクデブルグ)は12日に男女シングルス・ダブルスの決勝が行われ、女子ダブルスは平野美宇(エリートアカデミー)、早田ひな(日本生命)が世界卓球ベスト8の台湾ペアをストレートで破り、ペア初のワールドツアー優勝。国際卓球連盟(ITTF)も「前途有望なパートナー関係」と若き2人を称えた。

 17歳コンビの“みうひな”が、ドイツの地で躍動した。

 初めてペアを組んだ中で勝ち取った決勝の舞台。今年の世界卓球でベスト8に入った陳思羽、鄭怡静の台湾ペアに対して第1ゲームを11-7で先取すると、続く第2ゲームは逆転で11-8とモノにし、第3ゲームも相手に粘られながら11-9で制した。ゲームカウント3-0のストレートで完勝を飾り、ペア初のワールドツアー優勝を決めた。

 新たな優勝者の誕生を、国際卓球連盟(ITTF)も「前途有望なパートナー関係。ミウ・ヒラノとヒナ・ハヤタはマクデブルグでのタイトル獲得を楽しんだ」と報じた。記事によれば、早田は「決勝で3-0で勝つことができて、とても幸せです。ダブルスとして組むのは初めてのことだったので、初回でチャンピオンになれるとは思ってもいませんでした。今日、私はバナナフリックが上手くいっていて、美宇のフォアハンドもとても良かったんです」と話し、得意のショットが好調だったことを勝因に挙げたという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集