[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ志望届 大学生第2週は27人提出 早大のドラ1候補左腕、大学No.1野手も登場

全日本大学野球連盟が1日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は2週目を終えた。5日間(7~11日)で27人が提出。大学生の提出者は計42人となった。

大学生42人がプロ志望届を提出した
大学生42人がプロ志望届を提出した

1日から大学のプロ志望届提出者の公示開始

 全日本大学野球連盟が1日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は2週目を終えた。5日間(7~11日)で27人が提出。大学生の提出者は計42人となった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 新たに公示された日体大の右腕・森博人は、スリークオーターから最速155キロを投げる逸材。筑波大の左腕・加藤三範も最速147キロのストレートを誇り、2年秋にはベストナインにも輝いている。その他、ドラフト1位候補として期待される最速155キロ左腕の早大・早川隆久、北九州市大の最速152キロ右腕・益田武尚も提出した。

 野手では、中大から“サニブラウンに勝った男”として注目される韋駄天・五十幡亮汰外野手と、大学No.1野手とも評価される牧秀悟内野手も提出した。

 2週目の提出者は27人。前週までと合計すると42人となった。提出締め切りは10月12日。提出者は同26日に実施予定のプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集