[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロッテ井口監督「3つ勝ちにいく」 4日からソフトバンクと首位攻防戦「まずは最初」

シーズン中盤にさしかかったプロ野球。新型コロナウイルスの影響で120試合となった今季、パ・リーグで好調なのがロッテだ。3日時点で、首位ソフトバンクに3.5ゲーム差の2位。一時は球団50年ぶりとなる8月単独首位にも躍り出た。4日から始まる首位攻防3連戦(PayPayドーム)で、2005年以来のリーグ優勝、2010年以来の日本一に向けて波に乗れるか注目される。

ロッテは4日からソフトバンクとの首位攻防戦へ【写真:球団提供】
ロッテは4日からソフトバンクとの首位攻防戦へ【写真:球団提供】

4日からのソフトバンク3連戦全勝なら0.5ゲーム差に

 シーズン中盤にさしかかったプロ野球。新型コロナウイルスの影響で120試合となった今季、パ・リーグで好調なのがロッテだ。3日時点で、首位ソフトバンクに3.5ゲーム差の2位。一時は球団50年ぶりとなる8月単独首位にも躍り出た。4日から始まる首位攻防3連戦(PayPayドーム)で、2005年以来のリーグ優勝、2010年以来の日本一に向けて波に乗れるか注目される。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ソフトバンクは、昨季17勝8敗と得意にしていた相手。今季もロッテが5勝3敗1分と勝ち越している。今カード3連勝なら一気に0.5ゲーム差となる重要な対戦なだけに、ファンの注目度も高い。

 3日の西武戦(ZOZOマリン)では、ドラフト2位・佐藤都志也捕手のプロ1号本塁打が飛び出すなど8-5で勝利。勢いに乗って迎える今日からの3連戦は、エース石川歩が初戦のマウンドにあがる。7月31日の楽天戦から5連勝中の右腕は、今季ソフトバンク戦2試合で防御率2.08。柳田、グラシアルらを擁する打線にどんな投球を見せるか。

 打線は荻野、レアードを欠くが、今季19本塁打を放っているマーティン、21歳で4番に座る安田、得点圏打率.351の井上らが鍵になりそうだ。特にここ最近打点を挙げていない安田に当たりが出れば、打線に一気に火が付く可能性がある。

 3日の西武戦後、井口監督は「もちろん3つ勝ちにいきます。まずは最初。しっかりと入っていきたい」と初戦の重要性を説いた。3位からCSを勝ち抜いた2010年以来となる日本一を目指す今季。今回の3連戦は重要な意味を持ちそうだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集