[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「パッキャオ、かわいそう」 4階級王者の一撃が「史上屈指のクレイジーKO」と大反響

ボクシングの元世界4階級制覇王者フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が23日、47歳の誕生日を迎えた。中量級で一時代を築いたメキシコのレジェンドは2012年、4度目の対戦でマニー・パッキャオ(フィリピン)に初勝利。強烈なカウンターで宿敵を失神させた。戦慄のKOシーンを、米興行大手・トップランク社が動画付きで公開すると、海外ファンに「歴史的な瞬間」「史上屈指のクレイジーなKO」と反響が拡大している。

フアン・マヌエル・マルケス【写真:Getty Images】
フアン・マヌエル・マルケス【写真:Getty Images】

パッキャオのライバル・マルケスが47歳誕生日、破壊的なKOシーンが反響拡大

 ボクシングの元世界4階級制覇王者フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が23日、47歳の誕生日を迎えた。中量級で一時代を築いたメキシコのレジェンドは2012年、4度目の対戦でマニー・パッキャオ(フィリピン)に初勝利。強烈なカウンターで宿敵を失神させた。戦慄のKOシーンを、米興行大手・トップランク社が動画付きで公開すると、海外ファンに「歴史的な瞬間」「史上屈指のクレイジーなKO」と反響が拡大している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 一瞬で勝負が決した。2012年12月に行われたラスベガス決戦。結末は6回だ。左ストレートを打ちに踏み込んできたパッキャオに対し、強烈な右カウンターで迎え撃ったマルケス。ドンピシャのタイミングで顎を捉えると、パッキャオは前のめりに倒れた。ピクリとも動かない。爆発的な一撃に観客は沸き上がり、マルケスは興奮気味にコーナーへと駆け上がった。

 衝撃的なカウンターでマルケスが4度目の対戦にして初勝利。この一戦は2012年の「リングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれるなど、高い評価を受けた。マルケスの47歳を記念し、トップランクは公式インスタグラムに「47歳の誕生日おめでとう。4階級制覇のチャンピオンであり、この世代でもひときわ素晴らしいワンパンチKOの持ち主」と添えて再び脚光を浴びせた。

 すると、海外ファンから「真のメキシコの戦士」「史上最高のノックアウトだ……」「何というKO劇」「パッキャオ、かわいそうに」と興奮のコメントが相次いでいたが、反響がさらに拡大。称賛の声が集まっている。

「彼はパッキャオにKO勝利するという夢を成し遂げたんだ」
「スポーツ史上最高の瞬間」
「一流の戦い」
「クレイジーな夜だった」
「この戦いは色あせない」
「史上屈指のクレイジーなKO」
「幸運も重なってボクシングの神をKOしたね」
「観客もおかしくなっている」
「未だにこの映像を見ると、鳥肌が立つ」

 マルケスはこの後2試合を戦い、2014年に40歳で引退。パッキャオは41歳にして現役を続け、WBA世界ウェルター級スーパー王座を保持している。いつまで強さを見せつけてくれるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集