[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷同僚が「変態打ち」再び 顔の高さへの反応に米驚愕「面白すぎ」「唯一の選手」

米大リーグ・エンゼルスのデービッド・フレッチャー内野手。顔の高さの投球を二塁打にする“悪球打ち”が注目されていたが、24日(日本時間25日)のアストロズ戦で再び95マイル(約153キロ)のボール球を安打にしてみせた。米メディアもこの一打に注目。「4フィート(約120センチ)以上のボールを複数安打した唯一の選手」などと紹介している。

エンゼルスのデービッド・フレッチャー【写真:Getty Images】
エンゼルスのデービッド・フレッチャー【写真:Getty Images】

フレッチャーが高めの完全なボール球をまたも安打

 米大リーグ・エンゼルスのデービッド・フレッチャー内野手。顔の高さの投球を二塁打にする“悪球打ち”が注目されていたが、24日(日本時間25日)のアストロズ戦で再び95マイル(約153キロ)のボール球を安打にしてみせた。米メディアもこの一打に注目。「4フィート(約120センチ)以上のボールを複数安打した唯一の選手」などと紹介している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 漫画ばりの“悪球打ち”再びだ。フレッチャーは9回2死一塁から、ペレスが投じた外寄り高めのボール球に反応。顔の高さほどの95マイル速球だったが、逆らわずコンパクトに振り抜いて一塁線を破る右前打とした。21日(同22日)のアスレチックス戦でも、高めの完全なボール球を右翼線にはじき返す二塁打を放っていたが、同じような光景だった。

 フレッチャーの打撃を、現地記者も続々と取り上げている。MLB公式で主にスタットキャストを担当しているデビッド・アドラー記者は、自身のツイッターで2度の悪球打ち動画を並べて比較。文面には「本日4.22フィート(約129センチ)一塁打 VS 21日金曜4.74フィート(約144センチ)二塁打」とつづっている。

 また、MLB公式、ESPNなどに寄稿を行うスポーツジャーナリストのサラ・ラングス氏は、ツイッターにフレッチャーが打った投球チャート図を画像で公開。ストライクゾーンから大きく外れ、顔の高さに投球ポイントが入っている。文面では「デービッド・フレッチャーは、4フィート以上のボールを複数安打した唯一の選手」と紹介している。

 米ファンからは「面白すぎる!」「変態だ」などとコメントが寄せられた打撃。エンゼルスは4-11で敗れたが、人気野球漫画「ドカベン」の岩鬼正美並みの悪球打ちが注目されていた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集