[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロ陣営が描くプラン 次戦以降に狙う3選手「イノウエ、ネリ、リゴンドーと」

ボクシングの米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」は15日(日本時間16日)、9月26日に行う興行の対戦カードを発表した。WBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)はアンダーカードに組み込まれ、次戦での井上尚弥(大橋)との3団体統一戦は事実上消滅したが、カシメロのプロモーターは次戦以降の対戦候補として井上ら3人の名前を挙げている。フィリピン地元紙「フィリピン・スター」が報じている。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

プロモーターのギボンズ氏はPBCを主戦場とする可能性を示唆

 ボクシングの米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」は15日(日本時間16日)、9月26日に行う興行の対戦カードを発表した。WBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)はアンダーカードに組み込まれ、次戦での井上尚弥(大橋)との3団体統一戦は事実上消滅したが、カシメロのプロモーターは次戦以降の対戦候補として井上ら3人の名前を挙げている。フィリピン地元紙「フィリピン・スター」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 当初は4月25日に米・ラスベガスで予定されていた3団体統一戦。しかし新型コロナ禍の影響で延期となり、結局カシメロは次戦ではPBCの舞台に立つことになった。

「カシメロはイノウエと対戦できないことに落胆しているが、彼のコントロール外のことだ。カシメロは世界王者として次に進むことになる」

 カシメロのプロモーターのショーン・ギボンズ氏はこう語っている。

 次戦の相手には9月26日の対戦相手にはデューク・ミカー(ガーナ)の名前が浮上しているが、「彼は誰かを待っているわけではない。全てがうまく行けば、ショータイム(米放送局)には多くの試合と対戦相手が存在する。カシメロが9月26日以降で(フィリピンに)戻るかは未定だ。もしも、ショータイムがもっとギャラのいいファイトを組むのなら、彼はラスベガスに留まるかもしれない」とも続けている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集