[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

露の美人女王 男子シンクロの“五輪入りの声”に指摘「まだそのレベルにはない」

アーティスティックスイミング(AS)で五輪金メダル5個を獲得しているスベトラーナ・ロマシナ(ロシア)が男子の同種目に対して、「まだ五輪を行うレベルではない」と苦言を呈している。ロシア放送局「ロシア・トゥデー」が報じている。

スベトラーナ・ロマシナ【写真:Getty Images】
スベトラーナ・ロマシナ【写真:Getty Images】

金メダル5個獲得、女王ロマシナの主張とは

 アーティスティックスイミング(AS)で五輪金メダル5個を獲得しているスベトラーナ・ロマシナ(ロシア)が男子の同種目に対して、「まだ五輪を行うレベルではない」と苦言を呈している。ロシア放送局「ロシア・トゥデー」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 同局は「『反対じゃないけど、男子はまだ五輪で行うレベルにはない』:ロシアのシンクロのレジェンド、ロマシナ」とロマシナのコメントを見出しにとって伝えている。

 日本ではウォーターボーイズでも知られる男子のAS。2015年の世界選手権から男女混合のミックスデュエットが正式に実施されるようになった。五輪種目にという声も上がる中で、女王ロマシナは否定的な見解を語っている。

「2015年に国際デビューを果たした男子シンクロ選手がすでにいます。私は常に女子シンクロを支持してきました。私の意見では、このスポーツは美しさ、芸術性、完璧なラインがすべてです。しかし、男子シンクロも世界で勢いを増してきています。それは良いことですね」

 男子の発展に理解を示しつつも、こう続けている。

「でも男子シンクロを五輪競技に加えるというのは少し時期尚早だと思います。五輪のように高いレベルの大会で演技できる、トップクラスの選手がたくさんいるわけではありませんから。それに加え、ミックスデュエットを五輪競技に加えるという案だけでなく、女子のデュエットを男子デュエットに代えようという提案まであるのです。生涯をシンクロに捧げてきた、どれだけの女の子たちが夢を失うことになるか、想像できますか?」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集