[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • グリエル、ダルビッシュに“謝罪”が現地でも話題「大一番で行うのは簡単じゃない」

グリエル、ダルビッシュに“謝罪”が現地でも話題「大一番で行うのは簡単じゃない」

米大リーグのワールドシリーズ第7戦は1日(日本時間2日)、アストロズが5-1でドジャースを下し、初の世界一に輝いた。先発したドジャース・ダルビッシュ有投手に対し、第3戦で人種差別行為で波紋を呼んだアストロズのユリエスキ・グリエル内野手が初回の第1打席でヘルメットを取って謝意を示した。来季開幕から5試合出場停止となった行為の“謝罪”の瞬間を米「FOX Deportes」公式インスタグラムが動画付きで紹介。ファンからいまだ賛否の声が上がるなど、話題を呼んでいる。

人種差別騒動のグリエルが第1打席で“ヘルメット脱ぎ謝罪”…ファンはいまだ賛否

 米大リーグのワールドシリーズ第7戦は1日(日本時間2日)、アストロズが5-1でドジャースを下し、初の世界一に輝いた。先発したドジャース・ダルビッシュ有投手に対し、第3戦で人種差別行為で波紋を呼んだアストロズのユリエスキ・グリエル内野手が初回の第1打席でヘルメットを取って謝意を示した。来季開幕から5試合出場停止となった行為の“謝罪”の瞬間を米「FOX Deportes」公式インスタグラムが動画付きで紹介。ファンからいまだ賛否の声が上がるなど、話題を呼んでいる。

 2人が対峙したのは初回2死無走者の場面だった。本拠地のドジャースファンからブーイングが送られる中、グリエルは右打席に入ると、ダルビッシュに対し、右手でヘルメットを取った。特徴的な髪形をあらわにすると、マウンド上の右腕を見つめ、頭を下げた。騒動となってしまった行為への謝意を示していた。

 DeNAにも在籍したグリエルは第3戦でダルビッシュから本塁打を放った際、ベンチに戻ってチームメートと喜びを表現する中でアジア人を差別する仕草とされる、両目尻を吊り上げるようなポーズを取った。これが問題視され、来季開幕から5試合出場停止処分が決定。ドジャースの本拠地で行われた第6戦でも打席に立つたびにブーイングが沸き起こっていた。

 一連の模様を米「FOX Deportes」は公式インスタグラムに「グリエルからダルビッシュへ。#RESPECT」と題し、動画付きで紹介。すると、ファンからは様々な声が聞かれた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー