[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 身長差38cm!? 「小さな巨人」の超人背面レシーブに恍惚「テニス界のマラドーナ!」

身長差38cm!? 「小さな巨人」の超人背面レシーブに恍惚「テニス界のマラドーナ!」

男子テニスで、170センチの「小さな巨人」が渾身のボレーを超人的な“ジャンピング背面レシーブ”が炸裂。身長差38センチ、208センチの「リアル巨人」からポイントを奪うスーパープレーが炸裂した。ATP公式中継サイト「テニスTV」が魅惑の“リフティング”とともに公式インスタグラムに映像つきで紹介すると、ファンから「確信している、ショット・オブ・ザ・イヤーだ!」「テニス界のディエゴ・マラドーナだ!」と声が上がっている。

身長差38センチ、「小さな巨人」シュワルツマンに驚嘆「ショット・オブ・ザ・イヤーだ!」

 男子テニスで、170センチの「小さな巨人」が渾身のボレーを超人的な“ジャンピング背面レシーブ”が炸裂。身長差38センチ、208センチの「リアル巨人」からポイントを奪うスーパープレーが炸裂した。ATP公式中継サイト「テニスTV」が魅惑の“リフティング”とともに公式インスタグラムに映像つきで紹介すると、ファンから「確信している、ショット・オブ・ザ・イヤーだ!」「テニス界のディエゴ・マラドーナだ!」と声が上がっている。

 一瞬、何が起きたのか分からないような場面だった。魅惑のプレーでファンを沸かせたのは、世界ランク25位、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)だ。

 1日(日本時間2日)のロレックス・パリ・マスターズ、2回戦、世界ランク14位、ジョン・イスナー(米国)戦。「テニスTV」が公開したのは、イスナーのサービスゲームだった。208センチの巨人が中央に強烈なサーブを放つと、シュワルツマンはレシーブするのが精いっぱい。体勢を崩された。チャンスとみたイスナーはネット際に前進。シュワルツマンの足元を狙ってスマッシュを放った。ポイント奪取。そう思った次の瞬間、シュワルツマンは信じられないプレーを見せた。

 足元に来たボールを避けるようにピョンと跳ぶと、腰の後ろあたりからラケットをヒョイと出したのだ。そして、クロスに放たれたボールはネット際にいたイスナーの手の届かない軌道を描き、サイドラインぎりぎりにイン。どう打ったのかわからなかったのか、観衆は一瞬遅れてどよめき、やがて拍手喝さいに変わった。

 まさか自分でも入ると思ってなかったのか、シュワルツマン自身もしばし呆然とした表情の後にニヤリ。身長差38センチ、170センチの「小さな巨人」にしてやられたイスナーはがっくりと肩を落としていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー