[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 高校野球経験ゼロ、左キラー、投手歴1年… ドラフト近未来の「育成の星」候補は?

高校野球経験ゼロ、左キラー、投手歴1年… ドラフト近未来の「育成の星」候補は?

今年のプロ野球ドラフト会議は82人の支配下選手が指名された。一方で32人が育成選手として指名を受けている。近年、3軍を所有する球団もあり、侍ジャパンのソフトバンク・千賀滉大投手(10年育成4位)ら、育成出身から這い上がった選手が増加。第2、第3の育成の星を育てようと、今年は10球団が参加し、原石を指名した。その中から将来が楽しみな注目選手を探りたい。

近年は千賀ら侍戦士も…今年は10球団32人誕生、スターの原石となる育成選手たち

 今年のプロ野球ドラフト会議は82人の支配下選手が指名された。一方で32人が育成選手として指名を受けている。近年、3軍を所有する球団もあり、侍ジャパンのソフトバンク・千賀滉大投手(10年育成4位)ら、育成出身から這い上がった選手が増加。第2、第3の育成の星を育てようと、今年は10球団が参加し、原石を指名した。その中から将来が楽しみな注目選手を探りたい。

 まず、上述の千賀を筆頭に多くの1軍選手を輩出し、6人を指名したソフトバンクは育成6位の渡邉雄大投手(BCリーグ新潟)がおもしろい。186センチの長身ながら左のサイドから投げる変則左腕。すでに26歳と“オールドルーキー”に当たるが、かつては森福允彦、現在は嘉弥真新也と受け継いできた左キラーとして“育成の鷹”で花開くか。楽しみな存在になりそうだ。

 未知なる可能性では、ロッテの育成1位・和田康士朗外野手(独立リーグ富山)。高校時代は当初、陸上部に在籍し、クラブチームでプレーしてきた“高校野球経験ゼロ”の異色の経歴の持ち主だ。184センチ、68キロと線は細いが、ソフトバンク・柳田ばりのフルスイングが持ち味。岡田幸文(08年育成6位)のように、チームの主力へ成り上がりに期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー