[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

グリエル、ダルビッシュに“謝罪”が現地でも話題「大一番で行うのは簡単じゃない」

反応様々「ジェントルマンだ」「大一番で簡単じゃない」「やはり愚かなことだ」

「ジェントルマンだ」「拍手」「過ちをするのが人間だ。しかし、過ちを認め正すことが賢明な人間なのさ」「美しいシーンだった。これで心からワールドシリーズを楽しめる」「この大一番でこういった振る舞いを行うのは簡単じゃない」などと称賛の声が上がる一方、まだ許されるべきではないとの意見も上がっている。

「謝罪を無理にさせられているようにしか見えないぞ」「私には彼が心から謝罪しているようには映らない」「やはり愚かなことだ」「彼は心の中でこう言っているように見えるぞ。『俺はこのようにしなければならないことに納得いってないが、周りがうるさいからな』」と厳しく指摘するファンもいた。

 ファンのみならず、現地メディアでも主要紙「ワシントン・ポスト」は「ユリ・グリエルがドジャースのユウ・ダルビッシュに対し、融和的なジェスチャーとしてヘルメットを取る」と報じ、地元紙「ニューヨーク・ポスト」、スポーツ専門局「ESPN」など大手メディアも取り上げ、アストロズの悲願の世界一の裏で脚光を浴びてしまっていた。

 しかし、ダルビッシュは騒動後から「怒りに集中するより前進しましょう」という姿勢を示し、この日のマウンドに集中していた。それだけに、結果は2回途中4失点でKOされたことが、右腕にとっては悔やまれるものになった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集