[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「まだ過小評価されている」 米ESPN記者がPFP3位でも“絶賛不足”指摘

米スポーツ専門局「ESPN」は、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が過小評価されていることを指摘している。記事では、最も過小評価されている現役世界チャンピオンをピックアップ。井上は3階級制覇王者・田中恒成(畑中)とともに名を連ねている。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

米ESPNが「過小評価されている現役王者」を列挙、井上は「他ほど注目受けてない」

 米スポーツ専門局「ESPN」は、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が過小評価されていることを指摘している。記事では、最も過小評価されている現役世界チャンピオンをピックアップ。井上は3階級制覇王者・田中恒成(畑中)とともに名を連ねている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 米国の評論家がボクシング界の5つのトピックについて議論した記事で「最も過小評価されている現役王者」がテーマの一つとなった。

 井上は最も権威ある米専門誌「ザ・リング」の全階級を通じた格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で3位に評価されている。しかし、ESPNのニック・パーキンソン記者は「最も過小評価されている世界王者」に選出した。各国メディアで称賛されているが、まだ足りないようだ。

 寸評では「日本のナオヤ・イノウエは最近の試合で団体を統一し、バンタム級の世界No.1に輝いたのみならず、3階級制覇王者でさらに成長を続けている」と記載されている。さらに、中重量級と比べた軽量級への認知度の低さを指摘。WBA世界スーパーフライ級スーパー王者ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)ら現在に至るまでの軽量級王者に対する“不遇”を例に挙げ、井上は相応しいスポットライトを浴びていないという。さらにこう記している。

「イノウエにはさらなる階級を突破するポテンシャルの持ち主で、スピードとパワーという武器がある。彼は日本で称賛を受けているが、他のPFPのスターたちほどの注目を受けていない。個人的にはロマチェンコとカネロ・アルバレスだけが、彼よりも上位のPFPだ。しかし、多くのファイトファンはイノウエの名前を聞いたことがない」

 カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)、世界3団体ライト級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に続く、PFP3位と評価したパーキンソン記者。リング誌でも同様の順位付けをしているが、海外ファンの認知度は実力ほど届いておらず、“絶賛不足”という意見を示しているようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集