[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デシャンボーがドライバー破壊 肉体改造の“成果”に米驚愕「ツイッターが炎上した」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのメジャー・全米プロゴルフ選手権は6日(日本時間7日)、米カリフォルニア州サンフランシスコのTPCハーディング・パーク(7234ヤード、パー70)で開幕した。世界ランク7位ブライソン・デシャンボー(米国)が7番パー4でドライバーを“破壊”したことが話題となっている。PGAツアー公式ツイッターが動画付きで公開。衝撃シーンに米メディアは「ツイッターが炎上した」と報じている。

ブライソン・デシャンボー【写真:AP】
ブライソン・デシャンボー【写真:AP】

ドライバーのヘッドがポロリ、米ファン仰天「デシャンボーは強靭すぎるよ」

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのメジャー・全米プロゴルフ選手権は6日(日本時間7日)、米カリフォルニア州サンフランシスコのTPCハーディング・パーク(7234ヤード、パー70)で開幕した。世界ランク7位ブライソン・デシャンボー(米国)が7番パー4でドライバーを“破壊”したことが話題となっている。PGAツアー公式ツイッターが動画付きで公開。衝撃シーンに米メディアは「ツイッターが炎上した」と報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 肉体改造の“成果”かもしれない。7番第1打。デシャンボーが自慢のドライバーをかっ飛ばした直後だった。グリップに左手を添えながらティーを拾おうとしゃがみこんだ次の瞬間だ。なんとシャフトがヘッドの付け根から取れてしまったようだ。拾う時は大きな力が加わったようには見えない。デシャンボーも何が起きたのか分からない様子で立ち尽くした。

 米専門サイト「ゴルフウィーク.com」も動画付きで「ご想像のとおり、ツイッターが炎上した」とネット上の反応を記し、「ドライバーのヘッド(の付け根)を折った」と説明している。複数の海外メディアがこの様子を報じる中、PGAツアーも「毎日見られるものじゃない」と動画を公開。ファンからは「明らかに肉体改造しすぎ」「強靭すぎるよ」と驚きの声が上がっている。

 衝撃の蓄積で壊れたのか、クラブに寄り掛かったからなのかはわからない。それでも、米ファンを驚かせているようだ。デシャンボーはコロナ禍の自粛期間中に行った肉体改造が話題となった。7番第1打は296ヤード飛んで右ラフに入ったが、パーセーブ。2アンダーで初日を終えた。クラブは故意に壊したわけではないため、新しいものに交換してプレーしたという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集