[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“逆方向弾”に白旗 見上げた被弾投手が失投を後悔「もう少し低めに…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マリナーズ戦で「4番・DH」でスタメン復帰し、左越えの先制3号ソロを放った。右屈曲回内筋群の損傷後初の打者出場でいきなり見せた一撃に、被弾した相手投手も「もう少し低めに投じるべきだった」などと白旗を掲げている。AP通信が報じている。

先制となる3号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
先制となる3号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

右肘付近故障後いきなり先制3号ソロ、指揮官称賛「高い集中力と確信を持っている」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マリナーズ戦で「4番・DH」でスタメン復帰し、左越えの先制3号ソロを放った。右屈曲回内筋群の損傷後初の打者出場でいきなり見せた一撃に、被弾した相手投手も「もう少し低めに投じるべきだった」などと白旗を掲げている。AP通信が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 復帰1打席目でパワーを見せつけた。2回先頭で打席に立った大谷は、ウォーカーの外角に抜けた変化球を捉えて逆方向へ。右腕は高々と上がった打球を見上げた。左翼手がフェンスによじ登っても届かず。出場2試合ぶりの一発となった。

 AP通信は、左翼への一発を被弾したウォーカーのコメントも紹介。「あの球を思い返して、見返してみた。ど真ん中だった。良い打者だ。あれはミスだった。1-0は彼のバッティングカウントだ。もう少し低めに投じるべきだった」と、1ボールからの2球目の失投を後悔しているようだ。

 2日(同3日)のアストロズ戦に登板後、右屈曲回内筋群の損傷と診断された大谷は投球再開まで4~6週間かかるため、当面は打者専念する。不安を一掃する豪快弾に、ジョー・マドン監督も「私が直接見た彼のスイングの中で、過去最高だった。そしてただの本塁打じゃなかった。今日良いものが多く見られたし、彼(大谷)がこれを続けられるか興味がある。自分のやっている全てのことに対し、高い集中力と確信を持っている」と称賛している。

 7月31日(同8月1日)のアストロズ戦以来となった打者としての出場で、いきなり結果を残した背番号17。本場でも称賛の声が広がっているようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集