[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ1勝 パイレーツ圧倒に粋な米賛辞「ダルにはアメをかじるようなもの」

米大リーグのカブス・ダルビッシュ有投手が31日(日本時間8月1日)、本拠地パイレーツ戦に先発。6回で7三振を奪い、2安打無失点で今季初勝利を挙げた。打球が尻を直撃するアクシデントもあったが、三塁を踏ませない快投。地元メディアは「パイレーツとの対戦はダルビッシュにとって、ソフトキャンディーをかじるようなもの」と粋な賛辞を送っている。

パイレーツ戦で圧巻のピッチングを見せたダルビッシュ有【写真:AP】
パイレーツ戦で圧巻のピッチングを見せたダルビッシュ有【写真:AP】

パイレーツ打線に三塁踏ませぬ快投、6回2安打無失点

 米大リーグのカブス・ダルビッシュ有投手が31日(日本時間8月1日)、本拠地パイレーツ戦に先発。6回で7三振を奪い、2安打無失点で今季初勝利を挙げた。打球が尻を直撃するアクシデントもあったが、三塁を踏ませない快投。地元メディアは「パイレーツとの対戦はダルビッシュにとって、ソフトキャンディーをかじるようなもの」と粋な賛辞を送っている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ダルビッシュがマウンドに君臨した。ツーシームが最速98マイル(約157キロ)を記録するなどキレのある投球を見せ、三塁を踏ませない快投。最後はライナーが尻を直撃し、打球をフォローした遊撃手がゴロに仕留めるというヒヤリとしたシーンもあったが、6回2安打無失点で今季初勝利を挙げた。

 圧巻の投球にシカゴメディアも最敬礼だ。米地元紙「シカゴ・トリビューン」は「ユウ・ダルビッシュ、今季初先発のマウンドから復調見せる」と見出しを評価。相手打線がチーム打率.177、出塁率.241と低調だったことを指摘し、「パイレーツとの対戦はダルビッシュにとって、ソフトキャンディーをかじるようなものだった」と粋な賛辞も加えた。

 記事では、カブスのデビット・ロス監督がダルビッシュについて「今夜は終始、苦労しているようには全く見えなかった」と高く評価したことも伝えている。

 米放送局「NBCシカゴ」電子版は3者連続を含む、7奪三振を記録したことに言及。「2本のヒットを許したが、その投球自体に問題はなかった」と相手打線を圧倒したことを伝えている。新型コロナウイルス感染拡大により4か月遅れで幕を開けたMLB。ダルビッシュの今シーズンの活躍がここから楽しみだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集