[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山、不振の原因はパットじゃない? “数字”で米紙分析「マツヤマの問題は…」

松山、不振の原因はパットじゃない? “数字”で米紙分析「マツヤマの問題は…」

男子ゴルフの世界ランク4位・松山英樹は前週の世界選手権シリーズHSBCチャンピオンズで50位と不振を抜け出せずにいる。昨シーズンは序盤から躍進を遂げ、ポイントランキング1位でレギュラーシーズンを終えたが、プレーオフからスランプに。苦境の原因について、米メディアは分析。果たして、その原因とは?

不振が続く松山、米紙が原因を分析「苦手なパットは最重要な心配の種ではない」

 男子ゴルフの世界ランク4位・松山英樹は前週の世界選手権シリーズHSBCチャンピオンズで50位と不振を抜け出せずにいる。昨シーズンは序盤から躍進を遂げ、ポイントランキング1位でレギュラーシーズンを終えたが、プレーオフからスランプに。苦境の原因について、米メディアは分析。果たして、その原因とは?

 なぜ、松山は不振に陥っているのか。「数字で見るゴルフ」とのタイトルで報じ、日本のエースについて分析を行ったのは、米全国紙「USAトゥデー」だ。

 松山は8月の全米プロゴルフ選手権でサンデーバックナインを首位で迎えるなど、メジャー初制覇も手の届くところにあった。しかし、ポイントランク1位で突入したプレーオフは予選落ちを含め、4戦すべて20位以下に低迷。シーズン初戦のCIMBクラシックこそ5位と健闘したが、大会連覇を狙ったHSBCチャンピオンズは50位に終わった。

 記事は「松山が苦手とするのはパットだ」と言及している。昨シーズンはパット力の指標となるストロークス・ゲインドで173位の平均-0.383であり、ひと大会の72ホールで平均的な選手よりパットで1.5打以上負けていると紹介。同2位の0.761だったリッキー・ファウラー(米国)はラウンドごとに1打以上のアドバンテージを稼いでいることになるという。

 しかし、本当の原因は別にあるのではないかと同紙は分析している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー