[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、彼は顔から行ったのか “石崎ブロック”失敗に世界が笑撃「最も奇妙なPK?」

なぜ、彼は顔から行ったのか “石崎ブロック”失敗に世界が笑撃「最も奇妙なPK?」

海外サッカーで、ゴール前の混戦で相手シュートに、なぜか顔から体を投げ出してブロックを試みた選手が、フェイントに引っかかり、相手を倒してPKを献上する珍事が発生。漫画「キャプテン翼」のDF石崎了を彷彿とさせるような決死のディフェンスを、権威ある英公共放送「BBC」公式ツイッターに動画付きで紹介。「ペナルティが与えられた最も奇妙な例では?」と伝え、笑撃が広がっている。

まるでキャプ翼!? スコットランド2部FW、上半身から決死ダイブ敢行も失敗→PKの珍事

 海外サッカーで、ゴール前の混戦で相手シュートに、なぜか顔から体を投げ出してブロックを試みた選手が、フェイントに引っかかり、相手を倒してPKを献上する珍事が発生。漫画「キャプテン翼」のDF石崎了を彷彿とさせるような決死のディフェンスを、権威ある英公共放送「BBC」公式ツイッターに動画付きで紹介。「ペナルティが与えられた最も奇妙な例では?」と伝え、笑撃が広がっている。

 なぜ、彼は顔から行ったのか。まるでキャプ翼から飛び出したかのようなプレーで、見る者の目を点にさせたのは、スコットランド2部リーグ、カウデンビースのFWジョーダン・ガーデンだった。

 28日のバーウィック・レンジャース戦。0-0で迎えた後半35分。カウデンビースはCKを与え、ピンチを迎えた。放り込んだボールのこぼれから、相手が放ったシュートはゴール右ポストを直撃。混戦となったが、こぼれたボールをエリア境界線付近で拾ったのは相手FWマイケル・マケナだった。ドリブルで侵入し、突破しようした次の瞬間。一番近くにいたガーデンがブロックを試みた。

 ファーストタッチで小さく蹴り出したマケナに対し、ガーデンはシュートで来ると読んだのか、体で止めに行った。しかし、投げ出したのは足ではなく、顔からだった。相手に飛び込むようにしてダイブ。なんとしてでも止める――。そんな覚悟が見え隠れしたが、計算違いだったのは、マケナがシュートを打たず、さらにドリブルで突破を図ったことだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー