[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、走塁で足滑らせた“冷や汗シーン”を米心配「紅白戦なんだから滑らないで」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地エンゼルスタジアムで行われた変則ルールの紅白戦に「3番・指名打者」で先発出場。3打数1安打1打点だったが、走塁で足を滑らせたシーンの動画を地元メディアが公開すると「紅白戦なんだから…」と心配の声が上がっている。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が紅白戦に出場、味方の左前打で三塁ベースを回るが…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地エンゼルスタジアムで行われた変則ルールの紅白戦に「3番・指名打者」で先発出場。3打数1安打1打点だったが、走塁で足を滑らせたシーンの動画を地元メディアが公開すると「紅白戦なんだから…」と心配の声が上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 三塁ベースを回った直後だった。二塁走者の大谷は、味方の左前打で三塁コーチの指示通りにベースを蹴った。しかし、直後に足を滑らせ、左手が地面に付きそうになる。それでも顔を上げてホームにスライディング。左翼からボールが戻ってくることはなかった。

 見ている側からすれば少し冷や汗をかくシーンをロサンゼルスの地元放送局「FOXスポーツ・ウェスト」がツイッターに「デビッド・フレッチャーが大谷を生還させた」と投稿。ファンからは「この場合、紅白戦なんだからスライディングしないでくれ!」と心配の声が上がり、場内で流れる音について「音声による歓声はクールじゃない。むしろ選手の声を聞かせてくれ」などとコメントが集まっている。

 大谷は紅白戦4試合で13打数4安打の打率.308。投打だけでなく、出塁した時の走者・大谷にも注目だ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集