[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、ジョコビッチへの非難が“飛び火” スイス紙擁護「クラブで踊ってない」

主催したチャリティー大会で新型コロナウイルスに感染した男子テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が非難を浴びていたが、ロジャー・フェデラー(スイス)にも火の粉が降りかかっている。スペイン人記者が町中でファンサービスする様子の画像を公開。批判が“飛び火”したが、スイス紙は「クラブで踊ってはいない」と擁護している。

ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

ファン対応の“密”をスペイン記者がSNSに投稿「これは間違っている」

 主催したチャリティー大会で新型コロナウイルスに感染した男子テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が非難を浴びていたが、ロジャー・フェデラー(スイス)にも火の粉が降りかかっている。スペイン人記者が町中でファンサービスする様子の画像を公開。批判が“飛び火”したが、スイス紙は「クラブで踊ってはいない」と擁護している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 黒いTシャツ姿のフェデラーがファンの要望に応えている。10人近くのファンに囲まれた皇帝。一人ひとりの写真撮影やサイン攻めに応じているようで、周囲のファンたちは嬉しそうな笑みを浮かべている。スイス大衆紙「ブリック」は「ジョコビッチと同じ この写真でフェデラーもコロナ批判の的に」の見出しで記事を掲載。こうつづっている。

「ロジャー・フェデラーが外を歩けば、すぐに人だかりができる。コロナの時代では、それも問題なしとはいかない」

 ジョコビッチは6月にセルビアとクロアチアで慈善大会「アドリア・ツアー」を開催したが、十分な感染対策を講じていない試合運営が批判を集めていた。試合後にはナイトクラブでパーティーに興じ、ジョコビッチら参加4選手らが新型コロナに感染。選手や各国メディアから非難されていた。

 記事では「アドリア・ツアーの件で、ノバク・ジョコビッチは世界のメディアから袋叩きされている」と説明。さらに「しかし、ツイッターに上げられた写真をめぐり、セルビア紙『ブリツ』は『ジョコビッチからフェデラーに交代する時がやってきたようだ』と報じた」としている。ファンサービスに応じる様子をジョコビッチの母国紙が批判的に報じているという。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集