[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、“超スター越え”305日ぶり弾を米称賛「トラウトでさえ留められない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が12日(日本時間13日)、エンゼルスタジアムで行われた紅白戦で“今季1号”となる中越え本塁打を放った。米メディアは実際の動画を公開し「(センターの)トラウトでさえ留められなかった」と称賛している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

紅白戦で放った実戦305日ぶりの一発、トラウトがジャンプ一番も捕球できず

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が12日(日本時間13日)、エンゼルスタジアムで行われた紅白戦で“今季1号”となる中越え本塁打を放った。米メディアは実際の動画を公開し「(センターの)トラウトでさえ留められなかった」と称賛している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 左腕ヒーニー相手に、ノーステップで振り抜いた。大谷の打球はセンターへ。中堅手のトラウトはフェンス際に張り付いて大ジャンプ。しかし、大飛球はグラブのわずかに先をすり抜けていった。実戦では昨年9月以来、305日ぶりの本塁打。一瞬、キャッチされたのかと思ったのか、大谷は守備陣と何やら言葉をかわしながら、ダイヤモンドを1周した。

 実際の動画を、ロサンゼルスの地元放送局「FOXスポーツ・ウェスト」がツイッターで公開。「マイク・トラウトでさえ、大谷のホームランをフェンス内に留められなかった」と抜群の身体能力で好守を誇るスーパースターをもってしても、捕球不可能な一撃だったと称賛している。

 大リーグは23日(日本時間24日)に開幕。二刀流で復活予定の大谷から目が離せない。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集