[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリーが紹介 海外サイトの独自PFPに異論噴出「このリストには意味がない」

ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)は、年内にデオンテイ・ワイルダー(米国)との第3戦が有力視されている。さらに3団体統一王者のアンソニー・ジョシュア(英国)とは2021年に2試合行うことで合意に達するなど、話題に事欠かない“ジプシーキング”だが、自身のツイッターで海外サイトの独自選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位になったことを報告すると、リング誌のPFPなどとは大きく乖離したランキングに海外ファンから異論が噴出。「イノウエもロマチェンコもいないじゃないか」とクレームが集まっている。

タイソン・フューリー【写真:Getty Images】
タイソン・フューリー【写真:Getty Images】

自身が2位のPFPを紹介するも…ファンからはクレーム

 ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)は、年内にデオンテイ・ワイルダー(米国)との第3戦が有力視されている。さらに3団体統一王者のアンソニー・ジョシュア(英国)とは2021年に2試合行うことで合意に達するなど、話題に事欠かない“ジプシーキング”だが、自身のツイッターで海外サイトの独自選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位になったことを報告すると、リング誌のPFPなどとは大きく乖離したランキングに海外ファンから異論が噴出。「イノウエもロマチェンコもいないじゃないか」とクレームが集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 2月にワイルダーとの再戦を制し、ベルトを奪い取ったフューリー。勢いに乗るチャンプは自身のツイッターを更新。「PFPで2位だ」という自慢メッセージとともに、現役、引退、男女問わずプロボクサーの戦績を記録した海外ウェブサイト「Boxrec」独自選定のランキングを掲載した。

 同サイトの1位は4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)だったが、以下の顔ぶれがPFP本家のリング誌など他メディアから一線を画すメンバーになっているのだ。

 2位はフューリー、3位はWBC&IBFウェルター級王者エロール・スペンスJr.(米国)、4位はIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)、5位はワイルダー(米国)、6位はWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)、7位はWBA世界ウェルター級王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)と並んでいる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集