[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】日本とサモアが作った“ハートの人文字”に海外感動「ラグビー…団結…リスペクト」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、日本―サモア戦で偶然でき上がったシーンを再度紹介。海外ファンを「ラグビー…団結…リスペクト」と驚かせていた。

試合後には両チームそろってスタンドに挨拶【写真:荒川祐史】
試合後には両チームそろってスタンドに挨拶【写真:荒川祐史】

新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、日本―サモア戦で偶然でき上がったシーンを再度紹介。海外ファンを「ラグビー…団結…リスペクト」と驚かせていた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 愛知・豊田スタジアムの試合は日本が38-19で勝利。3連勝を飾った一戦で密かな話題を呼んだのが、両チームの整列時だった。大会公式が公開した画像。これもラグビーのもつ魅力が、もたらした形だったのだろうか。両チームの選手が美しい形を作り出した。上空から撮影された1枚。フィールドの中央に整列しようとする途中だった。

 日本とサモア、両チームの選手が期せずしてハートの人文字を作り出したのだ。偶然にしては美しいハートの人文字。ラグビーのノーサイドの精神を映し出したような、見事な仕上がりだった。

 大会公式インスタグラムが実際の画像を公開すると、海外ファンからは「日本がグループ首位になりますように……」「ラグビー……団結……リスペクト」「素晴らしい。ラグビーの国々が一つに」などと反響のコメントがつけられていた。

 偶然が重なって生まれたハートの人文字。ノーサイドの精神を重んじるラグビーらしい形だと、話題を呼んでいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集