[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦を失った4月26日…“モンスターロス”に米記者嘆き「偉大な夜のはずが…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。本来ならラスベガスデビューとなるはずだったこの日、米専門誌「リング」の格付け評議員が「今夜はボクシングファンにとって偉大な夜になるはずだった」と嘆くなど、“モンスターロス”の声が上がっている。

井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:AP・Getty Images】
井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:AP・Getty Images】

井上尚弥―カシメロ戦があるはずだった今日26日、海外の反応とは

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。本来ならラスベガスデビューとなるはずだったこの日、米専門誌「リング」の格付け評議員が「今夜はボクシングファンにとって偉大な夜になるはずだった」と嘆くなど、“モンスターロス”の声が上がっている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 コロナ禍で世界各国で興行延期となる中、井上戦の延期を嘆いたのは、リング誌で格付け評議員を務めるフランシスコ・サラザール記者だった。自身のツイッターにこうつづっている。

「今夜はボクシングファンにとって偉大な夜になるはずだった。ナオヤ・イノウエのESPNとトップランクデビュー、そして、ジョンリエル・カシメロとの統一戦。ゴールデンボーイのカード満載の興業でセルゲイ・コバレフがサリバン・バレラと対戦。PBCはミシシッピー州バイロキシでファイトカード……」

 現地時間25日に行われるはずだったカードをツイッターで紹介。頭に紹介したのは「NAOYA INOUE」だった。ネット上では、海外ファンが試合を心待ちにしていた様子の言葉も上がっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集