[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ禍、選手がマスク姿で“超至近距離”フェイスオフ ニカラグアで興行開催

ボクシングでも世界各国で興行が中止や延期となる中、ニカラグアでは25日(日本時間26日午後1時)から観客を入れた興行が開催されている。米スポーツ専門局「ESPN」は「ニカラグアのボクサーは給料を手にできるチャンスに感謝する」と記事を掲載。海外識者はツイッターに選手がマスク姿でフェイスオフする画像を公開している。

会場の観客席の様子【写真:Getty Images】
会場の観客席の様子【写真:Getty Images】

ニカラグアで興行開催、プロモーター「みんな仕事が必要なんだ」

 ボクシングでも世界各国で興行が中止や延期となる中、ニカラグアでは25日(日本時間26日午後1時)から観客を入れた興行が開催されている。米スポーツ専門局「ESPN」は「ニカラグアのボクサーは給料を手にできるチャンスに感謝する」と記事を掲載。海外識者はツイッターに選手がマスク姿でフェイスオフする画像を公開している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 ボクシングなら恒例の試合前のフェイスオフ。マスク姿で顔面を接近させたのは同国ライト級のラミロ・ブランコ対ロビン・ザモラだった。上半身裸のボクサー2人がマスクをつけて向かい合わせに急接近。顔がぶつかりそうな様子の画像を、ユーロスポーツのイタリア人解説者マッシミリアーノ・アンベーシ氏がツイッターに投稿している。観客席では、ファンが間隔を空けて座っている。

 ESPNによると、ニカラグア首都マナグアのアレクシス・アグエロ・スポーツコンプレックスで日本時間26日にボクシングの興行が行われている。当初の予定では、慣習は会場の収容可能人数の10%に当たる800人程度。日本のリングでも戦ったことのある元2階級制覇王者でプロモーターのロセンド・アルバレスはこう語っているという。

「我々は世界にニカラグアで人々が労働していることを示したい。なぜなら、みんな仕事が必要なんだ。ボクサーがファイトしなければ、お金を稼げない。月給がないんだ。だから、我々は彼らと喜んで仕事をする」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集