[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トップランクの興行再開、見通し立たず アラム氏苦渋「ウイルス克服が世界の大問題」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を予定している。4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで開催されるはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。井上と契約する米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは、他の興行も含めて開催の見通し立たないことに言及。試合の機会を奪われた若手ボクサーのキャリアと生活を危惧している。フィリピン紙「マニラ・タイムズ」が報じている。

井上尚弥とジョンリエル・カシメロの試合を始め、その他の興行も開催の見通しは立たず【写真:Getty Images】
井上尚弥とジョンリエル・カシメロの試合を始め、その他の興行も開催の見通しは立たず【写真:Getty Images】

ボクシング界の相次ぐ興行延期、再開はいつになるのか

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を予定している。4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで開催されるはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。井上と契約する米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは、他の興行も含めて開催の見通し立たないことに言及。試合の機会を奪われた若手ボクサーのキャリアと生活を危惧している。フィリピン紙「マニラ・タイムズ」が報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 井上―カシメロ戦に加え、同紙は4月に防衛戦を予定していたIBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)にも注目。ともに新型コロナの影響で延期となり、アラム氏はこう語っている。

「私に未来予知能力があればいいのだが。これがいつ終わるのかわからない。いつ試合が再開できるようになるのかわからない。これ(試合再開)は世界にとって重要な問題ではない。ビジネスを再開できるよう、このウイルスを克服することこそ世界にとっての重要な問題だ。それがいつになるのか、私は全く思いもつかない。期日について言うつもりもない。わからないことについて話したくはない」

 アラム氏はこう語ったという。コロナ収束がなければ興行は再開できない。厳しい現実を見据えていたプロモーターは「若手のキャリアの損失について目を向けなければいけない」と若手ボクサーの現状を憂いている。さらにこう続けた。

「なぜなら、彼らは試合ができず活動を続行することができていないからだ。プロモーターのように永遠に(現役を)続けることはできない。ボクサーはアスリートなんだ。短命で、ある意味、そのキャリアは限定的とも言える。この活動停止により、選択の余地がなくなってしまっている」

 リングでアピールを繰り返し、自らの価値を高める段階の若手にとって、ボクシング界の活動停止は大きなダメージになると危惧していた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集