[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はもう苦戦しない 比記者がカシメロとドネアの違い指摘「サイズの優位ない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。強気な挑発を繰り返すカシメロに苦言を呈していたフィリピン人記者は、両者の試合に向けた姿勢に言及。さらに昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で井上が元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に苦戦した理由に触れている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

井上尚弥VSドネアを「陣営は参考にすべし」、母国記者がカシメロに助言

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。強気な挑発を繰り返すカシメロに苦言を呈していたフィリピン人記者は、両者の試合に向けた姿勢に言及。さらに昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で井上が元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に苦戦した理由に触れている。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 カシメロの母国・フィリピンでも3団体統一戦は注目度を高めている。「カシメロと、ドネア対イノウエの真実」と見出しで報じたのは地元紙「マニラ・タイムズ」だった。同紙のコンラッド・カリーニョ記者は以前のコラムで、挑発を続けるWBO王者に対し「カシメロには過信した状態でイノウエに挑んでほしくない」と苦言を呈していた。改めて井上とカシメロの戦前における対照的な振る舞いに注目している。

「カシメロは自信に満ち溢れている一方、イノウエは静寂を保っている。昨年11月のドネア戦の準備期間も騒々しさのなかった彼としては驚きではない。しかし、私はカシメロの過信に懸念している」

 海外ブックメーカーなどはWBSS決勝で井上圧勝を予想していたが、ドネアはそれを覆して名勝負を演じた。カリーニョ記者は「フィリピンの閃光」の井上戦を「陣営は参考にすべし」と主張している。

 コラムではドネア善戦の理由を分析。WBSS開幕まで2階級上のフェザー級を主戦場としていたドネアについて「サイズのアドバンテージが存在した」と指摘。その上で「ドネアとイノウエが対決した際、ドネアはより体格が大きかった。少なくとも10ポンドは重かったと私は計算している」と推察している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集