[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復帰のカリーが「東京五輪出場」を熱望 新型コロナは「もし対策に問題があったら…」

米プロバスケットボール(NBA)、ウォリアーズのスーパースター、ステフィン・カリーが5日(日本時間6日)のラプターズ戦で約4か月ぶりに復帰。スタメン出場し、27分間の出場時間で23得点をマークした。“超長距離”からも含めて、3ポイントを計3本決めるなど存在感を見せつけたが、本人は今後について「東京五輪出場」を目標に挙げているという。米メディアが伝えている。

ウォリアーズのステフィン・カリー【写真:Getty Images】
ウォリアーズのステフィン・カリー【写真:Getty Images】

東京五輪出場に言及「4月にシーズンは終わる。でも、五輪出場は目標にある」

 米プロバスケットボール(NBA)、ウォリアーズのスーパースター、ステフィン・カリーが5日(日本時間6日)のラプターズ戦で約4か月ぶりに復帰。スタメン出場し、27分間の出場時間で23得点をマークした。“超長距離”からも含めて、3ポイントを計3本決めるなど存在感を見せつけたが、本人は今後について「東京五輪出場」を目標に挙げているという。米メディアが伝えている。

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

 復帰戦、第2クォーター(Q)残り3分で3Pラインより1メートルほど遠い、右斜め45ドのサイドラインぎりぎりの位置から決めるなど、3Pの名手としての存在感を遺憾なく発揮したカリー。試合には敗れたが、左手骨折からの復帰戦で上々のパフォーマンスとなった。そんな31歳は試合前に「東京五輪出場」について語っていた。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は「ウォリアーズのステフィン・カリーが2020オリンピックに出場したいと発言した」と特集。「怪我によりシーズンの大部分を棒に振ったが、カリーは米国代表としてプレーすることを夢見ている」とし、本人のコメントを紹介している。

「そうだね、たくさんの時間があったけど、確かに五輪出場を重要なものとしてずっと考えてきた」と語ったカリーは「今は残りに20試合を健康な状態で戦うことに集中している。自分のリズムを戻し、できるだけのレベルにまで持っていきたい。そして、確実に4月16日にシーズンは終わる。でも、そうさ。五輪出場は目標にある」と東京五輪に触れた。

 現在、日本では新型コロナウィルスの感染拡大が懸念されているが、カリーは「もし対策に問題があったら、もっと多くの人が感染していたかもしれない」と指摘。記事でも「現在、コロナウィルスの影響等で予測不可能な状態にはあるが、少なくともカリーは問題ないと見ているようだ」としており、出場の障壁にはならないとの立場のようだ。

 カリーはすでに代表候補のリストに入っており、残すは本大会メンバーに入るかどうかが焦点になる。果たして、復帰戦でも見せたような芸術的3Pは東京でも見られるのか。日本のファンにとってはたまらない機会となるのは間違いない。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集