[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

23得点のカリー、復帰戦は「予想以上の出来」 感触は上々も「もっと長い時間やれた」

米プロバスケットボール(NBA)、ウォリアーズのスーパースター、ステフィン・カリーが5日(日本時間6日)のラプターズ戦で約4か月ぶりに復帰。スタメン出場し、27分間の出場時間で23得点をマークした。“超長距離”からのものも含めて、3ポイントを計3本決めるなど上々の復帰戦。「予想以上の出来だった」と振り返っている。

ステフィン・カリー【写真:AP】
ステフィン・カリー【写真:AP】

4か月ぶり復帰戦で27分間プレー「出場できたのが1番の収穫」

 米プロバスケットボール(NBA)、ウォリアーズのスーパースター、ステフィン・カリーが5日(日本時間6日)のラプターズ戦で約4か月ぶりに復帰。スタメン出場し、27分間の出場時間で23得点をマークした。“超長距離”からのものも含めて、3ポイントを計3本決めるなど上々の復帰戦。「予想以上の出来だった」と振り返っている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 美しく決めた。返ってきたカリーが、得意の3ポイントで観衆を熱狂させた。第2クオーター(Q)、残り3分22秒の場面。エリック・パスカルからのパスをスリーポイントラインよりも、1メートルほど外で受けたカリー。ここから伝家の宝刀が火を噴いた。

 右斜め45度、サイドラインぎりぎりから、距離はあったが迷わず狙った。ディフェンスがチェックにくるほんのわずかな間で放ったシュート。大きな弧を描きながら、見事にリングを通した。超長距離の3ポイント、場内は大歓声。応えるようにカリーも満面の笑みをのぞかせた。

 試合には敗れたが、左手骨折からの復帰戦で上々のパフォーマンス。AP通信によると、カリーは試合後、「出場できたのが1番の収穫で、今日はあまり細かいことは意識せず戦った」と話している。

 23得点だけでなく、7アシストもマーク。「パスを出す必要があるとき、ためらいなくやらなくてはいけない。そして最初のパスを出すときには気分よくできた」と充実感いっぱいに振り返り、さらにはこう続けている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集