[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫傑、会見一問一答 涙の理由は「プライベートなので内緒」 1億円の使い道は…

残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を更新し、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で東京五輪代表に大きく前進。大迫とともに今大会の“3強”とされた設楽悠太(ホンダ)は16位、井上大仁(MHPS)は26位に終わり、代表争いから脱落した。大迫は会見で胸中を告白した。

涙の理由は「内緒」とした大迫傑【写真:浜田洋平】
涙の理由は「内緒」とした大迫傑【写真:浜田洋平】

日本新記録で東京五輪代表大きく前進「単純に速さを追求していく」

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を更新し、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で東京五輪代表に大きく前進。大迫とともに今大会の“3強”とされた設楽悠太(ホンダ)は16位、井上大仁(MHPS)は26位に終わり、代表争いから脱落した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 大迫は会見で胸中を告白。報奨金1億円などの使い道は、すでに表明していた来年3月を目途に新設する大会に使う意向を示した。

 主な一問一答は以下の通り。

――レースを終えての感想。レース後の涙の理由は。

「結果的に4位だったが、東京オリンピックに一歩近づけて良かった。(涙は)色々な感情があったが、プライベートなことなので内緒にします」

――22キロ付近で集団が崩れていたタイミングで考えていたこと。

「離れた時はいかにリラックスして自分のペースを立て直すことを考えていた。(32キロ付近で井上選手に追いつき抜け出した際の判断は)ちょっと集団がきつそうだと感じ、チャレンジしてみようかなと。残り10キロありましたが、行けると思った」

――2か月半のケニア合宿での練習で自信がついた。

「何かを変えたわけでないが、質・ボリュームで(変わった)。本当に地道にやってきたって感じですね」

――報奨金1億円の使い道は。

「使い道に関しては、スクールや来年の大会という部分があるので、自分のことよりはそっちに使っていくこともあるのかなと。自分自身のためもそうだけど、これから育っていく必要がある選手のために使っていけることがある」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集