[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

王座奪取ロマゴン、復活の“右一撃KO”を米メディア称賛「これは間違いなく芸術だ」

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は29日(日本時間1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。3年ぶりの世界タイトル奪取となり、復活を遂げた32歳について本場・米メディア、記者も「これは間違いなくチョコラティートの芸術だ」などと称賛している。

ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】
ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】

ヤファイを9回TKOで撃破、3年ぶりの世界タイトル獲得に相次ぐ称賛

 ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は29日(日本時間1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。3年ぶりの世界タイトル奪取となり、復活を遂げた32歳について本場・米メディア、記者も「これは間違いなくチョコラティートの芸術だ」などと称賛している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 ロマゴンの強打が完全復活だ。序盤から積極的に仕掛け、豊富な手数で優位に展開。そして、8回終了間際にこの日初めてのダウンを奪うと、9回開始直後には鮮烈な右ストレートを炸裂させた。ここでレフェリーが試合ストップ。ド派手なTKO勝ちで3年ぶりの世界タイトルを手にしてみせた。

 米メディア「ボクシングシーン.com」は「チョコラティートがカリド・ヤファイを第9ラウンドにノックアウトし、勝利」と見出しを打って特集。「32歳の身体にはまだ王者になれる能力が残っていることを、すべての懐疑的な人々に力強く証明した」と高く評価した。

 また、ツイッター上で米記者も大興奮となっている。米リング誌のライアン・ソンガリア記者は「ローマン・“チョコラティート”・ゴンザレス、キングが戻ってきた!」と速報。17年9月のシーサケット・ソールンビサイ(タイ)に4回KOを喫して以来となる世界戦で復活したことを称えた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集