[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫傑が東京マラソンを走るワケ 代表争いは有利も…狙いは「新しい自分の発見」

3月1日に行われる東京マラソンの会見が28日、都内で行われた。東京五輪男子代表の3人目を選考するMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジの第2戦。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、異例の規模縮小となった大会で日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)、前保持者・設楽悠太(ホンダ)、井上大仁(MHPS)らが残り1枠を懸けて争う。代表争いで優位に立つ大迫は、今大会に出場した意図を明かした。

大迫傑が東京マラソンを走る理由とは【写真:浜田洋平】
大迫傑が東京マラソンを走る理由とは【写真:浜田洋平】

「3・1」東京マラソン、大迫傑が出場決めた理由とは「考えをシンプルにした時に…」

 3月1日に行われる東京マラソンの会見が28日、都内で行われた。東京五輪男子代表の3人目を選考するMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジの第2戦。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、異例の規模縮小となった大会で日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)、前保持者・設楽悠太(ホンダ)、井上大仁(MHPS)らが残り1枠を懸けて争う。代表争いで優位に立つ大迫は、今大会に出場した意図を明かした。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 東京五輪代表はの昨年9月のMGCを制した中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)が内定済み。残り1枠は、今大会とファイナルチャレンジ第3戦のびわ湖毎日(3月8日)で大迫の日本記録より1秒速い設定タイム2時間5分49秒を切った最上位者が内定する。両大会で突破選手がいなければ、MGC3位の大迫が3人目の代表となる。

 設楽の自己ベストは18年大会でマークした2時間6分11秒、井上は2時間6分54秒。逆転で五輪内定を目指す選手たちにとって、大迫を超える日本記録更新は簡単ではない。大迫は他選手の結果を待ち、じっくりと東京五輪に向けて調整する選択肢もあった。しかし、他の選手が日本記録を出せば、3番手の座を明け渡すことになるため、自ら日本記録を更新するという選択肢もあった。

 現にMGC直後は「(自分で)記録を狙っていくのか、誰も出ない、出せないというていでしっかり練習をしていくのか、考えてやっていきたい。待つしかないのか、それともまた自己ベストを狙っていくのか、しっかり考えていきたい」と悩んでいた大迫。結局、東京マラソンの“直接対決”を選んで今大会に乗り込む決断をした。

 待つという選択肢がある中で、東京マラソン出場を決めた理由は何なのか。会見で改めて明かした。

「物事の捉え方次第で、なんだろうな、守るという立場で考えるのか、それとももっとシンプルにした時に一つのチャンスを勝ち取るというか、そのチャンスというのは日本記録だったりとか、あとはこの大会で優勝することだったりとか、また新しい自分を発見する部分だったりとか。

 そういうチャンスが目の前にあって、それを勝ち取りにいくというふうにシンプルに捉えれば、いろいろと物事がシンプルに進みますし、そのことでまた自分自身ハードな練習に打ち込むことができるので」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集