[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

資格停止処分の孫楊に海外記者も怒り心頭「ホートンに謝れ」「孫楊はインチキ」

競泳男子の五輪金メダリストの孫楊(中国)は28日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)からドーピング違反で8年間の資格停止処分を科された。CASが公式サイトで発表したが、海外のメディア関係者もツイッターで「ホートンに謝れ」などと中国人スイマーに対する怒りを爆発させている。

資格停止処分が下った孫楊【写真:Getty Images】
資格停止処分が下った孫楊【写真:Getty Images】

海外のメディア関係者から続々ブーイング

 競泳男子の五輪金メダリストの孫楊(中国)は28日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)からドーピング違反で8年間の資格停止処分を科された。CASが公式サイトで発表したが、海外のメディア関係者もツイッターで「ホートンに謝れ」などと中国人スイマーに対する怒りを露わにしている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 水泳・伊藤華英インタビュー(GROWINGへ)

 孫楊は2014年11月、中国で行われた大会後のドーピング検査で陽性反応を示していた。その後、昨年9月に行われたドーピング検査で血液サンプルを破壊した疑いで、世界反ドーピング機関(WADA)がCASに提訴していたが、8年間の資格停止処分が決まった。

 海外のメディア関係者も今回の処分に反応。英スカイニュースのマーサ・クレナー記者はツイッターで「孫楊が8年間の出場停止に。側近がドラッグテストの最中に血液サンプルを破壊していた」と速報した。

 オーストラリアの報道番組「Nine News Sydney」のスポーツ記者、キャメロン・ウィリアムズ氏は「マック・ホートンは完璧に正しいことが証明された。とても勇敢だ。孫楊はインチキ」と指摘。米放送局「ABCスポーツ」のコメンテイター、ジュリアン・アボット氏も「孫楊のキャリアは斜陽に。マック・ホートンへの謝罪がふさわしい。ホートンの名前を冠した学校のプールがふさわしい」と怒りを滲ませた。

 米紙「ニューヨークタイムズ」のベン・ローゼンバーグ記者も「血液サンプルを破壊し、逃げることはできないことが証明された」とブーイングが続々と起きていた。

 オーストラリア人スイマーのマック・ホートンは昨年7月の世界水泳(韓国)の男子400メートルで銀メダルを獲得後、授与式で優勝した孫との登壇を拒否。「彼のような行いをする人間と表彰台を共有するつもりはない」と表明していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集