[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京マラソン代表争い、大迫「誰よりも速く」設楽「深く考えずに」 最終決戦へ火花

3月1日に行われる東京マラソンの会見が28日、都内で行われた。東京五輪男子代表の3人目を選考するMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジの第2戦。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、異例の規模縮小となった大会で日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)、前保持者・設楽悠太(ホンダ)、井上大仁(MHPS)らが残り1枠を懸けて争う。会見では選手たちが意気込みを語った。

(左から)大迫傑、設楽悠太、井上大仁【写真:浜田洋平】
(左から)大迫傑、設楽悠太、井上大仁【写真:浜田洋平】

「3・1」東京マラソンはエリートの部約200人で開催、井上大仁「攻めていければ」

 3月1日に行われる東京マラソンの会見が28日、都内で行われた。東京五輪男子代表の3人目を選考するMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジの第2戦。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、異例の規模縮小となった大会で日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)、前保持者・設楽悠太(ホンダ)、井上大仁(MHPS)らが残り1枠を懸けて争う。会見では選手たちが意気込みを語った。

【特集】人生2度目のマラソンでオリンピック出場内定 可能性を探り続ける探究の道 / マラソン・鈴木亜由子インタビュー(GROWINGへ)

 世界中を騒がせる感染症の影響を受け、次々と競技、イベントの中止や延期が発表されている中、東京マラソンは一般ランナーの参加を取りやめ、エリートの部約200人の参加という措置をとって行われる。東京五輪代表残り1枠は、今大会とファイナルチャレンジ第3戦のびわ湖毎日(3月8日)で大迫の日本記録より1秒速い設定タイム2時間5分49秒を切った最上位者が内定する。両大会で突破選手がいなければ、昨年9月のMGC3位の大迫が代表となる。

 大迫、設楽、井上が並んで会見に出席。大迫は「自分のペースで走れれば。自分の記録なので気象条件なども考えると、(日本記録更新は)不可能ではない記録。(3位だったMGCは)悔しくないと言ったらうそになる」とコメント。有利な状況で迎える大一番へ、こう続けた。

「ケニアで練習してきた。変わった練習をしていたわけではないが、いい練習を積めたと思う。MGCの3位は自分を動かす原動力となった。普段の大会と同じように誰よりも速く走ることしか考えていない」

 代表権獲得の最後のチャンスとなる設楽は、1月に2時間4分台では代表を辞退すると発言。同3分台を目指す戦いに「まずは自分のレースができればいい。海外選手にくらいつければ。練習も順調にできているので悪くはない」と心境を吐露。18年大会では、当時の日本記録2時間6分11秒を樹立したレースに向けて気を引き締めた。

「ニューイヤー駅伝後、練習を積めていたが、この大会前のレースで大学生や社会人に負けてしまった。2年前と同じく、実戦をこなすことは調整方法。タイムで見たら2年前より良いが実際に走ってみないと分からない。自分はあまり、レースプランやタイムを決めて走るタイプではない。自然に走れば記録はついてくる。深く考えずに自然に走ることを考えていきたい」

 日本歴代5位の井上は17年大会で日本人トップながら全体8位。18年大会は2時間6分54秒で走破しながら日本新の設楽に敗れた。「例年通りの走り込みをニュージーランドで行ってきた。練習の感触はよい。せっかくの場なので攻めていければ」と語った。

 いずれも五輪代表争いの“最終決戦”。本番を前に火花を散らしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集