[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、リング誌最新PFPで10傑入りならずの理由とは? 井上尚弥は3位キープ

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に7回1分39秒TKO勝ち。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”を制し、V10を誇る王者から王座奪取した。こうした結果を受けて、米ボクシング専門誌「リング」はパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版を発表。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が3位を維持する一方で、フューリーの10傑入りはならず。評議委員会

タイソン・フューリー【写真:Getty Images】
タイソン・フューリー【写真:Getty Images】

リング誌が最新のPFPを発表、選考委員は満場一致でトップ10入り認めず

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に7回1分39秒TKO勝ち。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”を制し、V10を誇る王者から王座奪取した。こうした結果を受けて、米ボクシング専門誌「リング」はパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版を発表。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が3位を維持する一方で、フューリーの10傑入りはならず。評議委員会は「まだだ」と高いハードルを設けている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ワイルダーを圧倒したフューリーはWBCのベルトと「ボクシングの聖書」と呼ばれるリング誌選定のヘビー級チャンピオンに輝いた。かつてのヘビー級3団体制覇王者が復権を果たしたが、それもヘビー級戦線に限ったことだという。

 記事では「これでフューリーは王座に戻ったが、パウンド・フォー・パウンドに入るに値するだろうか? リング誌の格付け評議会によると、まだだ」と冷静に指摘している。

「美しさというものはないが、フューリーは凄まじいファイターだ。圧巻の勝利で伝説のPFPリストに入れたいが、マニー・パッキャオを落とすのが本当に惜しい」

 こう分析したのはアンソン・ウェインライト記者だ。6階級制覇王者のパッキャオは不惑を過ぎてウェルター級世界王者に君臨。PFP10位だが、フューリーはフィリピンの英雄を10傑から追い落とすほどのパフォーマンスではなかったとみている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集