[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、海外メディアPFPで井上尚弥超え 3位に急浮上、ワイルダー急落20位

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで王座奪還を果たした元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)。V10を誇るデオンテイ・ワイルダー(米国)からTKO勝ちしたことを受け、米専門メディア「ワールドボクシングニュース」(WBN)は「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」でフューリーを3位に選出。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は押し出される形で4位となっている。

タイソン・フューリー【写真:AP】
タイソン・フューリー【写真:AP】

WBNランキングで急浮上、日本勢は田中12位、井岡15位

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで王座奪還を果たした元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)。V10を誇るデオンテイ・ワイルダー(米国)からTKO勝ちしたことを受け、米専門メディア「ワールドボクシングニュース」(WBN)は「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」でフューリーを3位に選出。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は押し出される形で4位となっている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 22日(日本時間23日)に行われた一戦で、フューリーは7回1分39秒TKO勝ち。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”を制した。これを受け、WBNは「“キング”タイソン・フューリーがPFPランキングで大きな飛躍」という記事を掲載。トップ10圏外だったフューリーを3位に急浮上させている。

 WBNは「戦前では、ワイルダーがヘビー級最強と見られていたため、今回フューリーが発揮した圧巻のパフォーマンスがランキングの飛躍において重要な役割を果たした。WBNとしてもこの事実を受け止めており、真のヘビー級王者であることも考慮した上で3位にランキングさせた」とジャンプアップを説明している。

 フューリーのランク上昇により、井上尚弥は押し出される形で4位に。王者陥落のワイルダーは10位から10ランクダウンの20位となっている。1位はカネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)。日本勢では田中恒成(畑中)が12位、井岡一翔(Reason大貴)が15位にランクインしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集