[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダンク王者のジョーンズJr.が“タイトル防衛”に意欲「挑戦したい選手は受けて立つ」

米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは15日(日本時間16日)、恒例の「AT&Tスラムダンク」が行われ、ヒートのデリック・ジョーンズJr.が優勝を果たした。コンテスト後の会見でジョーンズは、決勝の対戦相手アーロン・ゴードンのダンクについて持論を展開し、“タイトル防衛”にも意欲を示した。

AT&Tスラムダンクで優勝したデリック・ジョーンズJr.【写真:Getty Images】
AT&Tスラムダンクで優勝したデリック・ジョーンズJr.【写真:Getty Images】

“フォール越え”ゴードンに持論も展開「素晴らしい決断だった」

 米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは15日(日本時間16日)、恒例の「AT&Tスラムダンク」が行われ、ヒートのデリック・ジョーンズJr.が優勝を果たした。コンテスト後の会見でジョーンズは、決勝の対戦相手アーロン・ゴードンのダンクについて持論を展開し、“タイトル防衛”にも意欲を示した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 2017年には決勝で涙をのんだジョーンズが、悲願を達成した。ゴードンとのダンクコンテスト史に残る大熱戦の末に初優勝を達成。コンテスト後の会見、最後のダンクが48点の判定を受けたときの心境を聞かれ「48点の判定をされたとき、あれは高校生からやっていたダンクで、50点を得るに値するものだと分かっていたから辛かったよ。48点なんて有り得ない」と審査員への不満を口にし、ゴードンのダンクについても持論を展開した。

「ゴードンはダンクしたときに、タッコ(・フォール)の頭に当たっていたから、彼らが50点を与えることはないと分かっていた。彼らが48点を与えていれば、敬意を示して再び勝負できた」

 ジョーンズが言うように、確かにゴードンはフォールの頭に触れていたものの、ダンクが決まった瞬間には会場全体がゴードンの優勝を確信。それくらいインパクトの強いダンクだった。50点はないと思っていたというジョーンズだが、フォール越えダンクを行う決断については称賛。「素晴らしい決断だったと思う。タッコがファンのお気に入りであることはみんな知っている。彼を招き入れれば、観客が盛り上がることは分かっていた」とした。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集