[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダンクコンテスト“疑惑の判定”に泣いたゴードン 「仕切ってるのは誰だ」と不満爆発

米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは15日(日本時間16日)、恒例の「AT&Tスラムダンク」が行われ、ヒートのデリック・ジョーンズJr.が優勝を果たした。一方で、決勝でジョーンズと対戦し、惜しくも1点差で敗れたアーロン・ゴードンがコンテスト後の記者会見で判定への不満をぶちまけた。

アーロン・ゴードン【写真:Getty Images】
アーロン・ゴードン【写真:Getty Images】

2016に続き、またも“疑惑の判定”で準優勝…コンテストからは“引退”を宣言

 米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは15日(日本時間16日)、恒例の「AT&Tスラムダンク」が行われ、ヒートのデリック・ジョーンズJr.が優勝を果たした。一方で、決勝でジョーンズと対戦し、惜しくも1点差で敗れたアーロン・ゴードンがコンテスト後の記者会見で判定への不満をぶちまけた。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 リーグ屈指の身体能力を持つゴードンが、“疑惑の判定”で再び準優勝に終わった。延長にもつれた決勝で、ペイント内のベースライン付近にマジックのチームメート、マーケル・フルツを立たせ、バックボードの側面にボールを当てされると、それを空中でキャッチし、1回転してダンクを叩き込むなどダンクコンテスト史に残るセンセーショナルなパフォーマンスを披露した。

 しかし、決勝再延長でジョーンズがフリースローライン付近からジャンプしてウィンドミルを叩き込み48点をマークすると、ゴードンはリストリクションエリア付近にタッコ・フォールを頭の上にボールを持って立たせ、跳び箱を越えるようにしてボールを掴んで頭上から衝撃のダンク。会場は勝利を確信したものの、得点は「47」でジョーンズに1点及ばず、まさかの準優勝に終わった。

 コンテスト後の会見で、最後のセッションでフォールを招き入れた理由を聞かれたゴードンは「シャック(シャキール・オニール)を飛び越えたかったが、彼がそれを望まなかった。あれは、会場が『タッコ! タッコ!』といった感じだったから、『分かった。やってやろうじゃないか』といった感じでね」と最初はオニール氏を希望していたことを明かした。

 さらに、「229センチの人物を飛び越えてダンクするのは簡単なことじゃない。それで得点は47だっけ? 冗談だろ。俺たちは何をやっているんだよ」と最後のダンクへの判定に不満をぶちまけた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集