[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、ソウルで刻んだ“歴史的6冠”に韓国紙も称賛「皇帝は倒れても動揺せず」

フィギュアスケートの4大陸選手権は9日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が187.60点、合計299.42点で初優勝を飾った。これにより、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」という男子初の快挙を達成。開催地の韓国メディアも「皇帝は倒れても動揺しなかった」と称賛した。

4大陸選手権で優勝した羽生結弦【写真:AP】
4大陸選手権で優勝した羽生結弦【写真:AP】

ジュニア&シニアの主要国際大会完全V、韓国紙「羽生がグランドスラム達成」

 フィギュアスケートの4大陸選手権は9日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が187.60点、合計299.42点で初優勝を飾った。これにより、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」という男子初の快挙を達成。開催地の韓国メディアも「皇帝は倒れても動揺しなかった」と称賛した。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 ソウルで演じた歴史的快挙に韓国メディアも脱帽した。韓国紙「ハンギョレ」は「男子初…日本フィギュア羽生が“グランドスラム”達成」と見出しを打って特集。「皇帝は倒れても動揺しなかった」と報じた記事では、羽生が大会初優勝を飾ったことを紹介した上で、演技を振り返っている。

「羽生の演技は完璧ではなかった」とし、冒頭のジャンプの着氷が乱れ、中盤には転倒した場面があったことを記述。「しかし、羽生は動揺しなかった。彼はすぐに起き上がり再び演技に没頭した」と記した。さらに「ファンたちもそのような羽生に拍手を送った」と後押しがあったことにも触れた。

 韓国といえば、羽生が平昌五輪で男子史上66年ぶりの五輪連覇を達成した地。今度はソウルで生まれた「スーパースラム」という快挙を目撃し、韓国メディアも高く評価していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集