[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

超新星13歳ワリエワ、238.17点の衝撃に露メディア絶賛「トルソワらも信じ難い点数」

フィギュアスケートのロシアジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った。母国のロシアメディアも「メドベージェワ、ザギトワ、トルソワを凌駕した」と絶賛している。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

偉大な先輩も超える異次元スコア、ロシア紙「メドベ、ザギトワら凌駕した」

 フィギュアスケートのロシアジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った。母国のロシアメディアも「メドベージェワ、ザギトワ、トルソワを凌駕した」と絶賛している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 大国ロシアからは「新星」が毎年生まれてくる。青の衣装に身を包んでリンクに登場したワリエワは冒頭で4回転トウループに挑戦。ややバランスを崩したが、堪えて着氷させると、今度は4回転―2回転の連続トウループを綺麗に着氷させた。以降も3回転ルッツ―3回転トウループなど、高難度のジャンプを次々と繰り出して成功。演じ切っても表情を変えることなく、堂々と振る舞った。

 叩き出したスコアは159.67点、合計238.17点。シニアも真っ青の高得点だった。これには母国のロシアメディアも喝采を送るしかない。スポーツ紙「スポルトエクスプレス」は「ワリエワがリウに挨拶を伝えた。そして、メドベージェワ、ザギトワ、トルソワを凌駕した」と見出しを打って特集している。

 記事では、エテリ・トゥトベリーゼ氏の教え子が6年連続で優勝したことを伝えた上で、15年のメドベージェワが205.05点、16年のツルスカヤが210.04点、17年のザギトワが216.82点、18、19年のトルソワが212.89点と233.89点という優勝スコアを紹介。また、先月のシニア全米選手権でジュニア世代のライバル、14歳アリサ・リウが235点超えで連覇を飾った得点も伝えている。

 しかし、ワリエワはそれらの偉大な先輩の得点を上回った。記事では「2020年もトゥトベリーゼチームが敗れる波乱はなかった。それどころか、ワリエワはザギトワやメドベージェワ、さらにトルソワにとってさえも信じ難い点数238.17を獲得して優勝した」と驚きをもって紹介し、最もライバルに近い2位のソフィア・アカチエワにも20点近い差をつけたことも記した。

「もちろん、ワリエワは正当に評価された」とした上で「この先には(ジュニアの)世界選手権がある。しかし、彼女はもしかしたら技術とプレゼンテーション(構成点の部分)の両方を兼ね備えられる唯一のジュニア選手かもしれない」と非凡な才能を絶賛。22年北京五輪は15歳で迎える未来のエースは母国でも高く評価されていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集