[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

13歳ワリエワ、衝撃の「238.17点」が凄かった 前年の“ロシア3人娘”まとめて超え

フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾ったが、その能力はあの“ロシア3人娘”に迫る気配を漂わせている。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

ロシアジュニア選手権で初優勝、スコアは前年表彰台のトルソワら3人を超えた

 フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾ったが、その能力はあの“ロシア3人娘”に迫る気配を漂わせている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 4回転ジャンプを2本決め、フリー159.67点をマークしたワリエワ。SPの78.50点と合わせた合計得点238.17点はまさにシニア顔負けのスコアだ。ロシア勢といえば、現在のフィギュア界を席巻するアリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワの“天才3人娘”がいるが、ジュニア時代の3人と比較しても、すでに引けを取らないレベルだ。

 昨年の同大会はトルソワが優勝、2位にコストルナヤ、3位にシェルバコワが続いた。しかし、得点はトルソワの233.99点に続き、230.79点と223.97点。3人ともにSP、フリーを完璧に揃えることができなかったとはいえ、ワリエワはそれを上回るスコアを叩き出した。しかも、13歳のワリエワはノービスから上がってジュニア1年目。当時、14~15歳だった3人よりも若い。

 ロシアメディアではすでに「北京五輪候補」として期待を集めている。アリーナ・ザギトワのほか、上述の3人とも同じく、エテリ・トゥトベリーゼ氏に師事し、将来を嘱望されている逸材だ。15歳で迎える22年にはフィギュア界の中心に立っていても、不思議ではない。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集