[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦へ、カシメロがもう渡米 3月にドネアと接触プラン「助言をもらいたいね」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで3団体統一戦を行うWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が7日に早くも渡米。現地ではワールド・ボクシング・スーパー・シリーズで井上を苦しめたノニト・ドネア(フィリピン)と接触するプランもあるという。フィリピン紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」が伝えている。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

7日に合宿地のマイアミへ出発、ラスベガスでドネアと接触する“秘策”も計画

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで3団体統一戦を行うWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が7日に早くも渡米。現地ではワールド・ボクシング・スーパー・シリーズで井上を苦しめたノニト・ドネア(フィリピン)と接触するプランもあるという。フィリピン紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」が伝えている。

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

 早くもカシメロが決戦の地、米国へ飛び立った。8日付の記事によると、前日7日にマニラを発ち、ロサンゼルス経由でマイアミに向かったという。当地では1か月間、メキシコ人トレーナーのエレディア氏と特訓に励む予定といい、「カシメロはこの準備が過去最長ではないと話したが、2か月半に渡るトレーニングは井上対策として十分な期間だろう」と記している。

 その上で本人のコメントを紹介。「この試合は俺の中で最もハードな試合になるとは思っていない。だけど最も重要な試合だ」と語ったカシメロは「この試合を俺はパッキャオ、信じてくれているファン、2人の子供に捧げたい。俺のことを信じていないファンにも捧げたいね。彼らは俺がどれほど強いのかを目の当たりにするのだから」と相変わらずのビッグマウスぶりを発揮した。

 さらに、米国では打倒・井上の“秘策”もあるようだ。記事では、カシメロのプロモーターによると3月7日にラスベガスで渡る予定と紹介し、その際にドネアの元を訪ねるかもしれないという。カシメロ本人も「もしドネアとジムで会うことができたら、彼にアドバイスをもらいたいね。イノウエについての感想を俺は聞きたい」と語ったという。

 決戦79日前にしての渡米は気合いの表れか。しかも、WBSS決勝で井上とフルラウンドの激闘で苦しめたドネアと接触し、助言をもらうことも計画しているという。大胆なビッグマウスの裏で、しっかりとモンスター攻略プランを練っているカシメロ。早くも「4.25」決戦へ向け、静かに動き出した。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集